now loading
tel0800-222-6155

(受付時間:月~金 9:00~18:00)

気になる

条件検索

介護コラム

医療介護求人メディケアキャリア 介護コラム 印象の良い介護職の履歴書の書き方を紹介

公開日:2022年11月07日 |  更新日:2022年11月07日

印象の良い介護職の履歴書の書き方を紹介

介護福祉士

資格試験・面接

知識

介護職

印象の良い介護職の履歴書の書き方を紹介
目次[非表示]

就職活動や転職活動の際に必ず作成が求められる書類が履歴書です。書類選考の場合、応募先の事業所や施設では求職者本人よりも先に履歴書を目にするため、履歴書はしっかりと自分自身のことをアピールできる内容にしたいものです。

そこで今回は、介護職の就職・転職で印象の良い内容の履歴書を作成するためのポイントをご紹介します。

介護職の履歴書の書き方をおさらいしよう

履歴書は、就職や転職をする上で作成が欠かせない書類です。採用する側は求職者本人より先に履歴書に目を通すことが多いため、履歴書は正しいマナーで丁寧に書くと印象アップにつなげられます。

そのためには、まず履歴書の書き方の基本をおさらいしておきましょう。

介護業界に限らず、履歴書の作成で押さえておきたいのが、できるだけパソコンでの作成ではなく手書きで、かつ誤字や脱字がない状態で提出するという点です。

近年はパソコンで作成できる履歴書も増えていますが、できるだけ手書きの履歴書を用意しましょう。もし履歴書を書き損じてしまった場合は修正液などで修正は厳禁なので、新しい履歴書で一から書き直しが必要です。

書き直しを避けるために、修正しやすい鉛筆や消えるボールペンを使うのもNGです。履歴書を書くには、黒のボールペンや万年筆を使い、にじみやかすれがないかも確認しましょう。

続いて、これらの基本に加えて守っておきたい履歴書作成の基本を、2点解説します。

省略しがちな名称の正しい書き方

学歴は、高校または専門学校から書き始めるのが基本です。学校名はつい省略しがちですが、私立や公立は省略せずに書きます。

高校も正式には「高等学校」なので、正しい名称を書くことを押さえておきましょう。

転職者の場合、学歴に続いて職歴を書きますが、職歴も学歴と同様に会社名や施設名を省略せず、正式名称の記載が必要です。株式会社や社会福祉法人なども名称から抜けやすいですが、この部分も正しく書き、転職者は会社名や施設名とともに担当業務も併記しましょう。

転職者は前職を退職しているはずなので、職歴の最後に退職理由として「一身上の都合により退職」と付け加えます。退職後にブランクがある方は、その理由を     簡潔に書き添えておくのもおすすめです。

資格・免許書き方

資格や免許を持っている方は、その資格・免許名を履歴書に記入します。介護の資格は名称が長く、略称で呼ばれることもあれば、介護職員初任者研修は「ホームヘルパー2級」、介護職員実務者研修は「ホームヘルパー1級」などかつての名称で呼ばれることも多いものです。

しかし、学歴や職歴と同様に、こちらも正式名称で書かなければなりません。必ず略称ではなく正式名称で書きましょう。

資格や免許を書く場合に間違えることが多いのが、「合格」「取得」「修了」の違いです。「合格」は合格証、「取得」は免許証が取得される資格、「修了」は研修や訓練を終えたことと覚えておけば、分かりやすいでしょう。

例として、介護職員初任者研修や実務者研修は「修了」、介護福祉士は「取得」、医療事務は「合格」となります。

人と差がつく志望動機

履歴書を書く上で、悩むことが多いのが志望動機の内容ではないでしょうか。ただ何となく介護に興味があった、福利厚生が充実していそうだから、などの曖昧な理由だけでは、なぜその施設や事業所を志望した理由がはっきりしないため、印象が良い志望動機とはならないでしょう。

志望動機では、応募先の施設や企業に対する熱意や強み、スキルなどを盛り込みます。多くの履歴書では、志望動機欄は自己PR欄と同じ扱いです。つまり、志望動機は仕事に対する思いをアピールできる項目なので、多数の応募者の中から選考に残るためにも、志望動機で差をつけておくことは就職・転職成功につなげられる要素となり得ます。

これらをできるだけ具体的に盛り込むと、人と差がつく志望動機が書けるでしょう。

志望動機は新卒や介護未経験者、転職者や業界経験者など求職者のステータスによっても内容が変わってきます。そこで、ステータスごとに志望動機に盛り込んでおきたい内容をご紹介します。

新卒・未経験者の場合

新卒や未経験者は、当然ながらスキルや経験が求められることがないため、人柄が重視されることが多くなります。さらに、介護の仕事に活かせるコミュニケーション能力の有無も関わってくるのがポイントです。

単純に「就職しやすそうだから」という志望動機はNGです。なぜ介護業界を選択したのか、その施設で働き始めた際にどのように活躍できるかを、自分の長所を盛り込みながら書きましょう。

人柄やコミュニケーション能力をアピールできる過去の経験や介護観などもあれば、ぜひ志望動機に加えたいところです。

中途・業界経験者の場合

前職や過去に介護業界での就業経験がある場合は、前職での経験やスキルを述べ、即戦力となることをアピールしましょう。5年以上のキャリアがある方なら、今後のキャリアプランも伝えておくと、長く働く意欲を見せられます。

また、志望動機はあくまでもポジティブな内容で書くのが基本です。前職の職場や人間関係に不満があったから転職をした、などのネガティブな内容は避けましょう。

異業種からの転職の場合

就業経験はあるけれど、介護業界で働いた経験がないという異業種からの転職は、なぜ前職とは異なる介護業界で働きたいか、明確な理由を志望動機に加えると、働きたい意欲がアピールできます。

異業種であっても、何かしらの経験が介護業界で役立つこともあるので、介護に活かせられそうな経験やスキルなどもアピールしておきましょう。

施設の特徴からもアピールできるキーワードを探してみよう

一般企業で同じ職種でも職務内容が異なることがありますが、同様に介護施設も施設によって違いがあります。同じ職種を志望しても、職務内容が異なることもあり得ます。また、それぞれの施設では介護・運営方針や理念も異なり、施設独自の特徴が見られる施設もあります。

施設の方針や理念に共感することは志望動機の1つとして挙げられ、特徴的な点への関心も他の施設ではなくこの施設を選んだというアピールができる要素です。そのため、応募先の施設や事業所の介護方針や介護理念、特徴などはあらかじめ把握しておくべきです。

そのためには、履歴書作成前にあらかじめ応募先のホームページなどをチェックしておくことが大事です。応募先の施設の理解や理念・方針への共感は、良い印象を与えられるポイントである上、独自の特徴を持つ施設であればその特徴も含めて共感や関心を示すとこれからの職務への意欲も見せられるため、人と差をつけられる志望動機が書きやすくなります。

北陸・信越エリアの介護職を探すならメディケアキャリアで

介護の仕事を探すには、ハローワークを利用したりインターネット検索を使ったりするなど、さまざまな方法があります。転職サイトを使う方も多いでしょうが、介護職を探すなら他職種も取り扱う総合転職サイトよりも介護に特化した転職サイトの方がおすすめです。

メディケアキャリアは、介護職、看護職、薬剤師の求人を専門に取り扱う求人情報サイトです。北陸・信越エリア4県に求人情報センターを開設している地域密着型の求人サイトで、地域専任のアドバイザーがハローワークにもない求人を紹介してくれる他、求人紹介から面接・条件交渉や入職サポート、職場の情報提供や事前見学にも対応してくれます。

もちろん利用は無料なので、北陸・信越エリアで介護職を探すなら、メディケアキャリアへぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

メディケアキャラアイコン

北信越で介護の求人をお探しの方は、
メディケアキャリアの求人をご覧ください

メディケアキャリアで
北信越の介護職求人を探す

メディケアキャラアイコン

北信越で介護職求人を紹介してもらうなら
メディケアキャリアの転職サポートが
オススメです!

無料転職サポートに申し込む

関連記事

  • 介護施設の人員配置基準緩和について解説

    更新日:2022年11月09日

    介護施設の人員配置基準緩和について解説

    介護福祉士

    施設形態

    介護職

    介護施設における人員配置基準は質の高いサービスの提供を目的として定められています。本記事ではそんな人員配置基準緩和の検討に至った背景や懸念材料について詳しく解説します。

    詳しく読む
  • 介護職員の離職率は高い?退職理由や他業界との比較を紹介

    更新日:2022年11月07日

    介護職員の離職率は高い?退職理由や他業界との比較を紹介

    介護福祉士

    仕事内容

    知識

    介護職

    ここでは介護職員の離職率や退職理由を見ながら、転職先としての介護職員の将来性について解説しますので役立ててください。

    詳しく読む
  • 介護事務とは?必要な資格から取得方法まで徹底解説

    更新日:2022年11月07日

    介護事務とは?必要な資格から取得方法まで徹底解説

    介護福祉士

    介護事務

    資格取得方法

    資格活用

    知識

    介護職

    介護事務は介護報酬請求業務をはじめ、電話対応や施設の利用者対応などを担う職業です。

    詳しく読む
  • 「介護福祉士」はどれほど給料をもらえるのか?

    更新日:2022年11月07日

    「介護福祉士」はどれほど給料をもらえるのか?

    介護福祉士

    仕事内容

    お金

    介護職

    介護を必要とする人をサポートしながら自立を支援する介護の仕事は、やりがいが感じられる魅力的な職種の一つです。介護職に興味を持っている人は、仕事内容以外に待遇面も気になるのではないでしょうか。介護福祉士の給料について解説します。

    詳しく読む
お問い合わせ先
tel 0800-222-6155 費用は無料

※受付時間:月~金 9:00~18:00