介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

介護福祉士の求人があってもブランクが気になって復帰(復職)をためらってしまう方へ

介護福祉士としてバリバリと働いていたが、結婚や出産、転職など様々な理由で一度現場を離れていた方も少なくないでしょう。
一度現場を離れ、様々な状況の変化によって、再度復帰をお考えの方もいると思います。
ただ、ブランクがあるため再度働ける職場はあるのか。
時間が経った介護業界の流れについていけるのか。
など、様々な不安がありなかなか一歩が踏み出せない方も多いかもしれません。
どんな業界・職種であっても、一度離れてしまうと復帰には様々な不安が伴うものです。
ここでは、そんなブランクが気になって、なかなか復帰に踏み切れない方々に向けて、復職に向けての情報をご提供させていただきます。

介護福祉士の求人、ブランクがあっても働ける職場はあるのか?

結論から言うと、ブランクがある方でも働ける職場はもちろんあります。
介護業界は現在売り手市場と言われるほど、人材不足です。
もともと人材が不足していた業界ではありますが、高齢社会が著しく進む今、人手不足は深刻な問題です。
そのため、ブランクのある方はもちろん、初心者歓迎の職場も多くあります。
なかでも、介護福祉士の資格をお持ちの方は、国が定めた一定の知識・経験をお持ちの方です。
施設運営者としては即戦力として、ぜひとも採用したい対象でしょう。

復帰(復職)をするためには研修が必要なの?

復職にあたり、必ずしも研修に参加する必要はありません。
しかし、ブランクを気にしている方にとっては、以前の知識のまま、現場での勤務ができるのかどうか不安の方も少なくはないでしょう。
そんな方のために、一部の地方時自治体や福祉団体では「知識や技術を再確認するための研修」が行われています。
また、介護事業者が、介護職員への復職支援プログラムを行うなど、独自の支援が広がりつつあります。
ブランクが気になってなかなか一歩を踏み出せない方は、このようなプログラムを利用するのも良い手かもしれませんね。

再就職準備金制度とは?

「再就職支援準備金貸付制度」とは国が離職した介護職員の呼び戻しのために新たに設けた制度となっています。
介護職員として一年以上働いた経験を持ち離職者を対象としており、一定の知識・技術を持ち人が対象となります。
介護福祉士はこれに該当するため、資金的に悩まれている方には一つの手助けとなるでしょう。
その内容としては、最大20万円までを、子供の預け先探しの活動費などとして貸し付けるもの。
再就職後2年間、介護職員として継続して働く場合は、その返済が免除されることとなります。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ