介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護助手が備えておきたい必要な知識とは

看護助手が備えておきたい必要な知識とは

看護助手として働く際、医院や施設ごとに必要な知識は先輩が指導してくれます。

さらにあらかじめ必要な知識を備えておくと勤務先での仕事の吸収も早くなり、テキパキ仕事ができますね。

ここでは看護助手として働く上で備えておきたい必要な知識についてご紹介します。

コミュニケーションの重要性

必要な知識の紹介なのにどうしてコミュニケーションなのか疑問に思うかもしれません。

看護助手は看護師やその他の職種の人と連携を取り、チームプレイで働きます。

そのためチーム間の密な報告が欠かせません。

指示された作業が時間内に終わりそうにない場合は、その旨を早めに伝えて指示を仰いだり、作業が終わったら他にできることはないか尋ねたりするようにしましょう。

また利用者や患者の方・ご家族への対応も重要です。

利用者や患者の方は医院や施設で働くスタッフは業務に詳しいと思っています。

何か尋ねられたときは「看護助手なので看護師に聞いてください」と言うのではなく「詳しい者に確認してまいりますので少しお待ちくださいね」と声をかけ、担当者に報告し指示を仰ぎましょう。

担当者が忙しくて直接対応できない場合は、伝えるべき内容を預かり「先ほど確認してきたのですが」と質問者の方にお伝えすることも大切です。

医院や施設の一員としてみんなが気持ちよく過ごせるよう心がけましょう。

医師や看護師をサポートする知識

看護助手は医師や看護師をサポートする仕事です。

スムーズに業務を行うためには医師や看護師が日常的に使う専門用語や医療器具の知識があるとよいですね。

働く施設や医院によってどんな器具を使うかが違うので、就職先が決まってから学ぶべき内容をチェックするとよいでしょう。

看護助手としての知識を体系的に学びたい人は看護助手の資格の勉強をするのもおすすめです。

利用者さんや患者さんのお世話に関する知識

看護助手の業務として、看護師の行う療養上の世話の一部を行うことがあります。

具体的にはベッドメーキングや入浴介助・食事介助や体位交換などです。

これらの仕事内容については直接現場で指導がありますが、なぜそのように行うのか知識があるとより安全に行えます。

不明なところは先輩に質問して確認するとよいでしょう。

独学で学びたい場合は、看護助手の資格や介護士資格の参考書、テキストを利用して学ぶと知識を包括的に吸収できます。

看護助手は医療知識がなくても働ける職種です。

ですがあらかじめ必要な知識を備えておくと現場でスムーズに動くことができます。

働き始めた後でも知識を学ぶことで業務への理解が深まります。

常に必要な知識を学んで、デキる看護助手を目指しましょう。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ