介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

介護で外国人を採用するメリットや課題について

介護で外国人を採用するメリットや課題について

最近では介護の現場に外国人が採用されることが多くなっています。

では何故外国人が採用されるのでしょうか?

また、外国人を採用するメリットや課題はどのようなことなのでしょう?

外国人が採用される背景

日本は「超高齢化社会」と呼ばれるほど65歳以上の高齢者が占める割合が高くなっています。

そのため、介護の現場の需要と供給のバランスが崩れ、需要が大幅に大きくなっています。

今後、更に高齢化が進むと予測できるため、介護士不足を解消するために介護の現場で外国人が採用されるようになってきているのです。

外国人を採用するメリット

外国人を採用するメリットとしていくつがご紹介します。

・モチベーションが高く真面目

わざわざ外国から日本に来て介護をしようとしているため、スタートラインでのモチベーションは非常に高いものがあります。

そのため、大変な作業も一生懸命に仕事をしてくれる人が多く、日本人よりも細かな仕事をしてくれると感じる人も多くいます。

・人手不足解消

外国人を採用する一番のメリットは人手不足解消です。

介護の現場は仕事の大変さと、今後の需要増で慢性的な人手不足の状態です。

外国人を採用することで人手不足の解消が期待できます。

メリットとしてはいくつかありますが、上記のようなことが代表的なものとして挙げられます。

外国人を採用する場合の課題

では外国人を採用する場合に課題となることは何があるのでしょう。

・利用者の気持ちの問題

高齢者である利用者の中には、外国人というだけで偏見を持ったり、拒絶反応を起こしてしまったりする人もいないわけではありません。

介護の現場は人と人との信頼関係が必須になるため、偏見などでコミュニケーションが取れなければきちんとした介護を行うことは困難になります。

利用者側の理解も非常に重要な要素になります。

・言葉や文化の違い

日本で働こうとしている外国人は必死に日本の言葉や文化を理解しようとしている人がほとんどです。

しかし、それは簡単なことではありません。

言葉の間違いで誤解を生んでしまったり、文化の違いがストレスになり仕事が続かなかったりという可能性もあるため、それらをサポートする人が必要になります。

介護の現場は危機的状況といえるほどの人材不足になっています。

その危機を救う一つの方法が外国人の採用になります。

それを一時的なものにしないためにも、利用者の理解や周りの日本人のサポートも考えていかなければなりません。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ