介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護助手と介護福祉士の違いとは

看護助手と介護福祉士は、仕事内容や資格にどんな違いがあるのでしょうか?
それぞれの違いについて説明します。

看護助手とはどんな仕事?

看護助手には資格はありません。
民間業者による通信講座などを受講したことを「資格」としている業者もありますが、資格がなくても働くことはできます。

仕事内容は「看護師のサポート」であり、「看護師ができる医療行為以外の仕事」を手伝います。
忙しい看護師業務を支える仕事です。

介護福祉士とはどんな仕事?

介護福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められた国家資格です。

国家資格には「名称独占」と「業務独占」があり、介護福祉士は「名称独占」です。

これは「介護福祉士」と名乗れるのは資格を持った人だけということで、資格を持っていない人でも業務を行うことができます。

そのため、実務経験を積みながら資格取得に向けて勉強している人もいます。

一方の「業務独占」は医師や看護師などで、資格がないと業務ができません。

資格を取るには福祉系の高校や大学、専門学校で学んで試験を受けるか、実務経験を三年以上積み、研修を受けて試験を受けます。

学んできた内容によっては実技試験が免除になるコースもあります。

仕事の内容は、介護が必要な高齢者や障害者への介助や、介護相談に応じることなどです。

医療行為は行うことができませんが、喀痰吸引や経管栄養について、医師の指示のもと行うことができるようになりました。

看護助手と介護福祉士、それぞれの仕事の違いとは?

介護福祉士は、老人施設や障害者施設で、入居者や利用者の介助をするのが主な仕事です。

そういった施設で働く看護助手は、そこにいる看護師の仕事を手伝うほか、シーツの取り換えや食事の配膳、搬入資材の整理や掃除なども行うそうです。

また介護福祉士は介護相談に乗ることもあります。

高齢化社会が進み老人福祉施設も数が増え、介護福祉士の数が不足している状況です。
そのため日常業務を手助けするために看護助手が採用されることも増えています。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ