介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護助手と介護の違いとは

医療現場で働く看護助手と主に介護現場で働く介護職(介護福祉士、ホームヘルパーなど)、両者の業務は対象者の世話という面で似ています。

医療現場にいるのが看護助手で、介護現場にいるのが介護士なのか?と考える方もいるようですが、医療現場に看護助手と介護職がいる場合もあります。

では両者の違いはどのようなのでしょうか。

看護助手とは

まず、看護助手とは看護師の業務をサポートする役割として看護師の指示に従って業務を行います。

業務内容としては患者の身の回りの世話から環境整備、備品管理などを行います。

患者の身の回りの世話として食事・入浴・排泄の介助も行います。

対象者は病気や怪我をした「患者」です。

看護師のサポートの役割ですが医療行為は行いません。

看護助手の認定資格はありますが、無資格でも就労可能です。

勤め先としては病院や療養施設などとなります。

介護職とは

介護職は障害や高齢のため介護が必要な方に対し、食事・入浴・排泄などの介助や環境整備を行います。

対象者は「利用者」「入所者」「入居者」などと呼びます。

介護は治療を目的とせず、生活を支援することが目的です。

そのため、より充実した生活が送れるようレクリエーションなども業務に含まれてきます。

資格は国家資格である介護福祉士などがあります。

職場によっては無資格でも就労可能です。

看護助手と介護職の違い

看護助手と介護職は対象者の介護や身の回りの世話という点では同じ業務です。

しかし、病院(看護助手)は標準化されたケアを提供するのに対し入所施設等(介護職)では個人ごとに立てられたケアプランに則ってケアが提供されます。

看護助手は看護師のサポートとして医療業務以外の手伝いをすることが仕事ですので、介護職にはない医療機器の準備や片付け、伝票・カルテの運搬など補助的な業務も行います。

介護士は前述のとおり、対象者がよりよく生活を送れるよう支援することが仕事ですので、介護だけでなく対象者の余暇の支援なども行います。

それぞれ仕事の目的が異なります。

看護助手と介護職の違いを述べましたが、どちらも人に関わり支援する仕事です。

どちらも大変ですが、人の役に立ちたいという方にはやりがいのある仕事といえるでしょう。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ