介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

【ケアマネージャーの仕事内容】向いてる人とは?向き不向きについて

ケアマネージャーに興味を持ってケアマネージャーになろうかと検討しているときに、自分は本当にケアマネージャーに向いているのかどうかと不安になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ケアマネージャーは、介護の必要な方にとって、重要な存在です。

そこで今回は、ケアマネージャーに向いている人またそうでない人についてご紹介いたします。

ケアマネージャーの仕事とは?

そもそも、ケアマネージャーはどんな仕事なのでしょうか。

ケアマネージャーの主な仕事は、4つあります。

1つ目は、介護の必要な方やその家族の相談に乗るということです。

介護の必要な方やその家族というのは、様々な悩みを抱えています。

その悩みを少しでも和らげてあげるために、相談に乗ります。

2つ目は、要介護認定の書類を作成するということです。

介護の必要な方といいのは、要介護認定を受けることによって、様々なサービスを受けることができるようになります。

そのための書類を作成することもケアマネージャーの仕事です。

3つ目は、ケアプランを作成することです。

ケアプランとは、介護計画のことです。

どのような介護を受けるのが適切か、介護の必要な方やその家族と相談して決めます。

4つ目は、介護の必要な方が適切な介護を受けることができているかモニタリングをするということです。

定期的に介護の現場に立ちあったり、会ったりすることによって、現状を把握します。

ケアマネージャーに向いている人

では、どんな人がケアマネージャーの仕事をするのに向いているのでしょうか。

それは、コミュニケーション能力が高く、様々な仕事を同時に進行することができる方です。

前述したように、ケアマネージャーというのは、書類作成から介護の提案、相談に乗ることまで、様々なことをしなければなりません。

また、担当する人数が1人であればゆっくり仕事をすることができますが、そういうわけにもいきません。

そういったことから考えると、コミュニケーション能力が高くかつ様々な仕事を同時に進行することができるという方がケアマネージャーに向いている人といえます。

ケアマネージャーに向いていない人

反対に、ケアマネージャーに向いていない人もいらっしゃいます。

それは、コミュニケーションがあまり上手ではない方が該当するといえるでしょう。

ケアマネージャーというのは、介護の必要な方だけでなく、その家族や役所関係、介護を行ってくれる施設の方など、様々な人と関わり円滑に進めなければなりません。

トラブルが起こってしまっては、適切な介護を受けてもらうことができないので、高いコミュニケーション能力が求められるといえるでしょう。

ケアマネージャーは、今注目されている職業のひとつです。

介護の必要な方とその家族を「支える人」という側面において、非常に重要な存在であるので、自分は本当にやれるかどうかについては、それなりの覚悟が必要といえるでしょう。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ