介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

老健と特養の仕事内容と違いについて

いざ介護職として仕事をしようと求人情報を目にしたとき、介護施設の種類として老健や特養という文字を目にすることがあります。

しかし、「老健と特養の違いがよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、老健と特養の仕事内容と違いについてご紹介いたします。

老健とは

介護老人保健施設のことを、略して老健と呼んでいます。

老健とは、介護が必要な高齢者の方の自立や家庭復帰を目指して、医学的見地のもとに自立支援を行う施設のことです。

そのため、お医者様による医学的管理に基づきながら看護や介護が行われ、作業療法士や理学療法士によるリハビリテーションも行われます。

今はまだ入浴介助や食事介護が必要であったとしても、将来的には家庭復帰することができるまでになることを目指しています。

したがって老健では、家庭復帰を目指している介護の必要な高齢者の方の介護を行うことになります。

特養とは

特別養護老人ホームのことを、略して特養と呼んでいます。

特養とは、寝たきりになってしまった高齢者の方など、重度の介護が必要とされる介護の必要な方が入所する施設のことです。

そのため、介護の必要な方にとっては終の棲家になることが多く、必要とされる介護も多岐にわたります。

なぜなら、自分のことを自分でできる方は、ほとんど入所していないからです。

したがって、介護の必要な方が生きていくために必要な介護をすべて行わなければならないのが特養です。

老健と特養の違い

では、老健と特養にはどのような違いがあるのでしょうか。

老健は主に、入院治療は必要ないけれど、家庭復帰にはまだ難しいという方が入所されます。
それに対して特養では、自分で家庭生活を送ることができないという方が入所されます。

そのため、老健に入所される方は、最終的に家庭復帰していくのに対して、特養に入所される方は最期の瞬間までその施設で過ごすということが多いです。

働く人の職種についての違いは、老健は特養に比べ看護師の配置が多く、多職種との連携が必要となっています。
また、特養は介護職の配置が多く老健に比べ看護師は少なめに配置されています。

そういったことから考えると、老健はリハビリ的な側面が強いのに対して、特養は最期まで気持ちよく生きていただくという側面が強いといえるでしょう。

老健も特養も介護の必要な高齢者の方と向き合うことが仕事ではありますが、何を目指しているのかという部分が大きく異なります。

したがって、自分はどちらの方で働きたいのかということを明確にして、応募することが必要です。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ