介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

介護職の勤務体系(体制)と勤務時間、夜勤や仮眠について

介護職を始めてみようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときに気になるのが、勤務時間や夜勤など勤務体制のことについてですよね。
そこで今回は、介護職お勤務体系や勤務時間、夜勤や仮眠についてご紹介いたします。

介護職の勤務体系(体制)はどのようになっているのか

介護職の方の勤務体系(体制)は、シフト制であることがほとんどです。
事務などの一般的な仕事の方の場合には、朝の9時から夕方の18時までで勤務終了というのが多いかと思います。

しかし、介護職というのは介護の必要な方を相手に行う仕事なので、24時間体制で仕事をしなければならない場合があります。

そのため、職員間で交代勤務をすることによって、24時間体制で仕事を行っているところが多くあります。
したがって、休日も土日祝日が休みというわけではなく、交代で休日をとることになります。

勤務時間はどうなっているのか

勤務時間については、施設によって異なることが多いです。

主なパターンとしては、日勤と夜勤があります。

日勤は事務などの一般的な仕事のように、朝の9時から夕方の18時まで勤務をします。

夜勤の場合には、日勤の方と交代で勤務につくことになるので、夕方から早朝まで勤務をすることになります。

朝は起床や食事の介護など、夜は食事や就寝の介護などで人が足りない時間帯があり、そのような時間帯は早出・遅出のシフトを組んで人手が足りない時間帯の人員を調整する場合もあります。

また、早出や遅出などをつくらずに単純に夜勤の場合には16時間の勤務に出てもらって、2日間勤務に出てもらったとカウントするところもあります。

夜勤の日には仮眠をとることができるのか

夜勤は真夜中も勤務をすることなので、どうしてもからだが疲れてしまったり、眠気が襲ったりします。

そのため、安全に業務を続けるために、夜勤の日には仮眠をとっていいことになっている施設もあります。

いわゆる、休憩の時間ですね。
しかしこれは、夜勤として勤務している職員の数によっても変動します。したがって、夜勤の日に仮眠をすることができるかどうかについては、施設によって異なります。

夜勤は日勤と比べると、自分のからだにとってハードであるといえます。
したがって、どのような勤務体制で勤務が行われている施設であるのかよく調べて入職することが大切です。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ