介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

介護福祉士の取り方(なり方)・取得の流れについて

介護福祉士になることを目指しているという方も多いのではないでしょうか。
介護福祉士を受験するためには、受験資格が必要です。
そこで今回は、介護福祉士のなり方・取得の流れについて、ご紹介致します。

実務経験ルート

まず、実務経験を経て介護福祉士になる方法です。
実務経験を経て介護福祉士になるためには、3年以上の実務経験と実務者研修を受ける必要があります。

この2つの要件をクリアしてはじめて、介護福祉士の試験を受けることができるようになります。
介護福祉士試験では、筆記試験と実技試験が実施されますが、実務研修ルートの場合には、実技試験が免除されます。

福祉系高校ルート

次に、福祉系の高校に通ってから介護福祉士になる方法です。福祉系高校ルートで介護福祉士になる場合、3つのルートがあります。

1つ目のルートは、新カリキュラムで卒業しているルートです。
新カリキュラムは、平成21年度以降福祉系高校に入学している方が学んだカリキュラムで、
卒業後、すぐに介護福祉士の試験を受験することができ、実技試験も免除で受験することができます。

2つ目のルートは、旧カリキュラムで卒業しているルートです。
旧カリキュラムは、平成20年度以前福祉系高校に入学して学んだカリキュラムで、卒業後すぐに介護福祉士試験を受けることができます。
ただし、実技試験免除を選ぶ場合には、介護福祉士試験を受ける前に介護技術講習を受ける必要があります。

3つ目のルートは、特例高校等で卒業しているルートです。
平成21年度以降に特例高校等に入学し卒業しているルートで、
卒業後に9ヶ月以上の実務経験を培うと介護福祉士試験を受験することができるようになります。
ただし、旧カリキュラムと同様に、実技試験免除を選ぶ場合には、介護福祉士試験を受ける前に介護技術講習を受ける必要があります。

経済連携協定(EPA)ルート

それから、経済連携(EPA)ルートで介護福祉士になる方法です。
このルートは、実務経験を3年以上培うと、介護福祉士試験を受けることができるようになります。
ただし、実技試験を免除する場合には、介護福祉士試験を受ける前に介護技術講習または実務者研修を受ける必要があります。

養成施設ルート

そして、養成施設を経て介護福祉士になる方法があります。
この方法には、普通の高等学校等を卒業した後に、4つのルートがあります。

1つ目は、高校卒業後に2年以上の介護福祉士養成施設に通うルートです。
介護福祉士養成施設とは、いわゆる専門学校のことです。
2年以上通って卒業すると、実技試験免除で介護福祉士試験を受験することができます。

2つ目は、高校卒業後に福祉系の大学を卒業した後、1年以上の介護福祉士養成施設に通うルートです。
卒業後に実技試験免除で介護福祉士試験を受験することができます。

3つ目は、高校卒業後に社会福祉士養成施設を卒業した後、1年以上の介護福祉士養成施設に通うルートです。
卒業後に実技試験免除で介護福祉士試験を受験することができます。

4つ目は、公庫卒業後に保育士養成施設を卒業した後、1年以上の介護福祉士養成施設に通うルートです。
卒業後に実技試験免除で介護福祉士試験を受験することができます。

介護福祉士の受験資格を取得するためには、全部で9つのルートがあります。
どれが遠回りというわけでも、早道というわけでもありません。
自分に合ったルートで受験資格を取得することが、最適なルートであるといえます。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ