介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護師・准看護師・看護助手(補助)の違いについて

医療従事者の中には、名前に「看護」がつく職種がいくつかあります。
それぞれの違いについて説明します。

看護師とはどんな職業? その定義について

「保健師助産師看護師法」をみると「『看護師』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とするものをいう。」(第一章第五条)とあります。

また「看護師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。」ともあります。
一般的には高校卒業後に大学や専門学校、看護師養成所へと進学して国家試験を受ける人が多く、中学卒業後に5年間の養成課程を経て(高校卒業資格も得ることができる)国家試験を受ける人や准看護師から勉強して受ける人もいます。

仕事内容は外来、入院病棟、総合病院、個人病院など担当によっても違います。
老人施設や障害者(児)施設など、病院以外でも看護師へのニーズが高まっています。

准看護師とはどんな職業? その定義について

「保健師助産師看護師法」に「『准看護師』とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することを行うことを業とするものをいう。」(第一章第六条)とあります。

文中の「前条」とは看護師について規定している「第一章第五条」を指します。
このことから仕事内容は看護師と同様であることが分かります。

また「准看護師試験に合格し、都道府県知事の免許を受けなければならない」ともあります。
准看護師になるには、高校卒業後、准看護師学校や専門学校で二年間学ぶと受験資格を得られます。

また、中学卒業後に高等学校衛生看護科で3年(定時制なら4年)学ぶ人もいます。

現場の看護師に話を聞くと、看護師も准看護師も仕事内容は変わらないといいます。

しかし、収入は准看護師の方が低くなります。

また、准看護師の養成施設を閉鎖して「看護師」に一本化しようとする動きも出ています。

一方で看護師不足から、看護師よりも短期間で養成できる准看護師を歓迎しているところもあります。

看護助手(補助)について

看護助手又は看護補助は、看護師や准看護師のように資格が必要な仕事ではありません。

民間業者による通信講座などを受講したことを「資格」としている業者もありますが、資格がなくても働くことはできます。

仕事内容は「看護師のサポート」であり、「看護師ができる医療行為以外の仕事」を担当します。
ある病院では「直接患者さんには触れない仕事」と線引きしているそうです。

そのため、入院病棟のシーツ交換や後片付けが主な仕事になっているとのことですが、現場によっても違いがあるそうです。
雇用形態はパートやアルバイトであることが多いため、看護師や准看護師に比べ、収入は低くなります。

看護師・准看護師・看護助手(補助)それぞれの違いについて

看護師、准看護師は試験を受けて資格を得ないとなれない職業です。
一方、看護助手(補助)は特別な資格は必要ない、というのが大きな違いです。

看護師は厚生労働大臣の免許で、准看護師は都道府県知事の免許と立場が違いますが、仕事内容は同じです。

しかし収入は看護師の方が高いです。

看護師と准看護師の一本化や、より医療行為に踏み込んだ仕事ができる「特定看護師」(特定行為に係る看護師)育成の動きなど医療従事者をめぐる動きが近年活発になっています。
これらの仕事を目指す人は、違いを理解したうえで、情報収集が必要といるでしょう。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ