介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)に必要な受験資格とは

日本は今後「超高齢化社会」となり、介護に関わる仕事の重要性が増してきます。
国も制度の重要性を考え、平成25年4月から訪問介護員養成研修課程を介護職員初任者研修課程に一元化しました。

では、その中の介護職員初任者研修はどのような資格なのでしょうか?
また、資格取得でどのようなことができるのか、資格を取得するための条件などはどのような物なのでしょう。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は制度の変更により廃止された「ホームヘルパー2級」に相当する資格です。

介護を行う際に必要な技術や知識、実践する際の考え方などを理解させるための資格で、基本的には日常生活全般の援助を前提とした資格になります。

在宅介護をする人はもちろん、介護施設などで働くことも想定した資格なので幅広い人にむけた資格となっています。

介護職員初任者研修は必要なの?

実際に働いている介護士の中にも介護職員初任者研修の資格を持たずに働いている人は多くいます。

では介護職員初任者研修の資格は必要なのでしょうか?資格を取ることで何か変わるのでしょうか?
この資格の必要性を考える上では資格がない場合のデメリットを考えると分かりやすいと思います。

介護の職場は「働いてみると想定外のことばかり起こる職場」でもあります。
介護職員初任者研修の資格を取るための研修などでは、様々なことを想定して学ぶことができます。
つまり現場で起こった想定外のことが想定外ではなくなるのです。

なければ仕事ができないという資格ではなく、介護施設でも採用の段階で条件にしていない所も多くありますが、利用している人の安全や実際働く人の安心感を考えると仕事をする前に取得をしておいたほうが良い資格といえます。

また、資格を取得することで働くことのできる施設も増えるだけでなく、給料面でも優遇されるようになります。
安心して働くことができる上に、労働条件が良くなるというメリットもあります。

資格取得に条件などはある?

では介護職員初任者研修には資格取得の条件があるのでしょうか?一言でいうと「誰でも取得可能な資格」です。

資格取得に際し年齢条件などはなく、各自治体が定める養成機関が主催している講座を受講し、全ての課程を修了した後に筆記試験を合格することで資格を取得できます。
一部講座は通信教育などでもできるので、忙しい人でも取ることのできる資格でもあります。

最初にも述べたように、日本が今後「超高齢化社会」になることは間違いありません。
今介護をしている人も、今後介護の職に就きたい方も介護職員初任者研修の資格を取ることで、自分の可能性を広げることができます。
研修などもあり、働きながらの取得は大変かもしれませんが、介護に関わる人には取得することをお勧めします。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ