介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護助手(補助)の資格はいらない?必要?

看護助手(補助)の「資格」は民間業者が出しているもので、資格がなくても仕事はできます。

しかし、看護助手(補助)の資格が取れるという講座がたくさん開設されているのも事実です。

「看護助手(補助)」の資格がなくても働けますが、資格はいらないのでしょうか?

今回は、資格があった場合のメリットについてご説明します。

業務内容が事前に分かる

看護助手(補助)の仕事内容は「看護師のサポート」であり、「看護師ができる医療行為以外の仕事」を手伝うこと。

といっても、病院に勤務したことがない人からしてみたら、何をするのか、何ができるのか分からないのは不安です。

ですから、通信講座などで仕事内容を把握しておけば安心できるでしょう。

講座の多くは受講を修了すると認定資格がもらえます。

医療用語を覚えておくことができる

看護助手(補助)は看護師からの指示を受けて仕事をします。

その指示内容が理解できなかった時、きちんと質問し、理解してから仕事に取りかかるのは社会人としては当然といえるでしょう。

しかし、忙しい現場では質問ばかりしていると、かえって看護師の負担になることもあります。

そこで、医療用語の知識があれば指示を理解する助けになるでしょう。

テキストが手元に残る

資格取得のために勉強したテキストは、現場に出た後も役立つものです。

看護助手(補助)として働く人に話を聞くと、働き始めてからも、医療用語などは資格取得のためのテキストで確認したりするそうです。

履歴書のアピールポイントに

病院の求人を見ると、看護助手(補助)は「未経験者可」となっているところもあります。

しかし未経験者の中でも、勉強して資格を取得している方が採用する側にとっても都合がいいと思われます。
医療現場で働くのが初めてなら、資格を持っていることはアピールポイントになるでしょう。

派遣会社に登録できる

すべての派遣会社ではありませんが、看護助手(補助)として登録するには資格を求められることもあります。

看護助手(補助)でおすすめの資格とは

看護助手(補助)の仕事は、食事介助や入浴介助などの介護系業務が多く含まれますので、看護助手の仕事にも役立ち、万が一スキルチェンジする際にも役立つ「介護職員初任者研修」のような介護系の資格取得がおすすめといえます。

資格がなくても看護助手(補助)として働き始めることはできますが、資格取得のための勉強は決して無駄にはならないといえるでしょう。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ