介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護補助(助手)の仕事はきつい?役割・やりがいについて

看護助手はきつい仕事なのでしょうか?
その仕事の内容や役割から、やりがいについても考えていきましょう。

看護補助(助手)はきついのか?

仕事内容は「看護師のサポート」であり、「看護師ができる医療行為以外の仕事」を手伝います。

病院によっては「患者に直接触れる仕事かそうでないか」で線引きをしているところもあるようです。

そのため、掃除や書類整理などを行うこともあります。

看護師の指示で動くために、指示の内容や言い方によっては、「雑用を押し付けられている」と感じることもあり、きついと感じる方もいるようですが、看護師の手がまわらない部分をサポートしているので、看護補助(助手)は、必要といえるでしょう。

看護補助(助手)はどんな役割があるか?

高齢化社会を迎え、看護師は不足しているのに、看護師の仕事は増えているのが現状です。

そのため看護師には看護師にしかできない仕事にあたってもらうには、看護師でなくてもできる仕事を担う人材はどうしても必要なのです。

実際に看護師に話を聞いてみると「雑用のような仕事も頼んでしまうが、看護補助がいなければ現場がまわっていかないことは、どの看護師もわかっている」といいます。

それだけ医療現場にはなくてはならない存在なのです。

看護補助(助手)のやりがいとは?

現場の細かい仕事を頼まれるので、易しい仕事ではありません。

しかし看護補助がいなくては、現場がまわらないのですから、医療を支える一員であるのです。

看護補助をしている人に話を聞くと、患者やその家族からの「ありがとう」の言葉は、なにより元気が出るそうです。

看護補助(助手)のお仕事は、現場に必要不可欠な存在といえるでしょう。
特別な資格は必要なくとも、看護師のような「奉仕の精神」が求められる仕事のようです。

仕事内容は大変ですが、看護補助(助手)は感謝される仕事であり、やりがいをえられるでしょう。

この仕事を始めたのをきっかけに医療に興味を持ち、勉強して准看護師、看護師とステップアップした人もいます。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ