介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護補助者・看護助手とは?違いや仕事(業務)内容について

医療現場には医師をはじめ様々な職種の方が働いています。

その中で看護師の業務をサポートする役割として看護補助者・看護助手という立場の仕事があります。

看護補助者や看護助手はどのような仕事なのか、それぞれに違いはあるのかについてご説明します。

看護補助者・看護助手とは

看護補助者・看護助手は医療・看護の現場で看護師の業務のサポートをします。

注射や採血などの医療行為をすることはできません。

患者さんの身の回りの世話や介助、備品や器具のチェック、伝票やカルテなどを病棟内で届けるなど補助的な役割を担います。

看護補助者と看護助手はどちらも役割や業務は同じで、呼び方の違いになります。

他にナースエイドやメッセンジャーと呼ばれることもあり、病院によって呼び方が異なるようです。

看護補助者・看護助手になるには

看護補助者・看護助手は無資格で就職が可能です。

ただ介護の資格・経験や看護助手の講座を受けておくと仕事はやりやすいと思われます。

看護助手の認定資格もあります。

患者と接することが多いのでコミュニケーション能力や観察力、命に関わる現場なので責任感も求められます。

看護補助者・看護助手の仕事(業務)内容

看護補助者・看護助手は看護師の指示のもと業務を行うことになります。

前述の通り医療行為は行いません。

仕事内容としては次の通りです。

・食事の世話(配膳・下膳・食事介助)

・清潔援助(入浴介助・清拭・足浴など)

・排泄介助

・体位変換

・診療の際の誘導、移動介助

・環境整備(リネン交換・ベッドメイキング・病室の清潔保持など)

・院内の備品管理、整理整頓

・簡単な事務補助

・カルテや伝票、検体の病棟内での運搬(メッセンジャーとしての役割)

また、手術室に関する業務として

・手術室器材の滅菌

・手術器材の管理

・手術室の清掃

・看護師の補助
などがあります。

業務はシフト制で、早出・日勤・遅出・夜勤など職場によって形態は異なります。

看護補助者・看護助手の仕事は患者さんの手助けができるので、人の世話が好きな方には向いている仕事と思われます。

一方で責任も伴うため、大変ではあります。

看護師不足が叫ばれているため今後も看護補助者・看護助手の需要は高まっていくでしょう。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ