now loading
tel0800-222-6155

(受付時間:月~金 9:00~20:00)

気になる

条件検索

薬剤師の活躍する職場

ホーム 薬剤師の活躍する職場

今までの職場と違う職場に転職するときは不安なものです。
薬剤師が活躍する施設形態を知って不安を解消しましょう!

薬剤師の活躍する職場

薬剤師が活躍する職場は、病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・治験会社など多岐に渡ります。ここでは転職事例の多い、3つの施設について説明いたします。

調剤薬局

医師の処方した処方箋を基に調剤するのが調剤薬局です。仕事内容としては、「調剤」「服薬指導」「薬歴管理」の3つが主な仕事といえます。その他にも医師に処方箋に疑問点があれば確認したり、患者様から集めた薬の情報(安全性、副作用など)をフィードバックしたりする業務もあります。
最近は在宅医療ニーズの高まりもあり、調剤薬局も在宅医療へ進出するケースも増えています。

患者様と対面でのお仕事ができる プライベートとの両立がしやすい 高給与が目指せる
01患者様と対面でのお仕事ができる

患者様と接する機会が多く、回復の様子がうかがえたり、悩み相談をされたりと「やりがい」を感じられます。

02プライベートとの両立がしやすい

パート・土日休みOKなどの求人も多く、異動も近隣の店舗のみなど福利厚生が充実している場合が多いです。

03高給与が目指せる

管理薬剤師やエリアマネージャーなど様々なキャリアプランがありますので、高給与も実現できます。

ドラッグストア(OTC販売)

昨今、OTC医薬品の販売のみを行うドラッグストアも増えています。仕事内容としては、患者様から症状を聞いて、最も適した医薬品を選び服薬指導を行うことが主となります。その他に在庫管理や発注業務、棚の整理などがあります。調剤を行うことがないので、未経験の薬剤師でも受け入れてもらえる可能性が高いです。

未経験でもOK 店舗の運営に関わることもできる 日用雑貨を社員割引で購入も
01未経験でもOK

調剤業務がないので、未経験者OKの求人が多いです。

02店舗の運営に関わることもできる

経験を積み店長になった場合、従業員の管理や売上・コストの管理などに携わることもできます。

03日用雑貨を社員割引で購入も

会社によっては社員割引制度があり、日用品などが安く購入できる場合があります。

病院

病院には急性期病院、療養型病院、精神病院など種類があり、さらに規模の大小によっても働き方は様々です。基本的な仕事内容としては、「調剤業務」「服薬指導」が主となります。病院薬剤師の仕事の最大の特徴は、医師・看護師とともに患者様の病状を確認しながら調剤、服薬指導ができることです。チームの一員として働くことになるので、コミュニケーション力が求められます。

スキルアップができる チーム医療の一員として活躍できる プライベートとの両立がしやすい
01スキルアップができる

病院は診療科目が多いので、様々な業務に関わりクスリを扱うことが多くスキルアップに繋がります。またがんなどの専門病院であれば、新薬にも携われます。

02チーム医療の一員として活躍できる

チームの一員として、医師・看護師などと患者様の病状を確認しながら調剤ができます。

03プライベートとの両立がしやすい

療養型病院の場合は、夜勤がないのでプライベートの時間もとりやすいです。また系列の病院・介護施設がなければ、転勤もありません。

薬剤師の働く現場を日々訪問している
地域密着の「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか?

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

無料転職サポートに申し込む

お問い合わせ先

0800-222-6155

※受付時間:月~金 9:00〜20:00