介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

看護助手も夜勤がある?夜勤で求められる内容とは

看護師に夜勤があるのはみなさんご存知かと思います。

では看護助手として勤務する場合も夜勤はあるのでしょうか。

ここでは看護助手の夜勤とその業務内容について調べてみました。

看護助手も夜勤があるのか

入院施設を持つ医院や介護施設では24時間体制でスタッフが常駐しています。

夜勤時には看護師の負担も増えるため、夜勤で働ける看護助手を募集しているところは多数あります。

夜勤のみの看護助手の求人もあるくらいです。

夜勤時には夜勤手当が支給されることが多いですが、夜勤時の時給に含めているところもあります。

看護助手で働く場合は、面接時に夜勤の有無や対応、夜勤手当の扱いについて確認しておくとよいでしょう。

夜勤時の業務内容

では実際に看護助手として夜勤をする時はどんな業務を行うのでしょうか。

医院や施設により異なりますが、夜勤時は夕方5時前後から翌朝9時前後までの勤務になります。

患者または利用者の方の生活時間としては夕食・就寝・朝食の時間にあたります。

そのため夕食の配膳や補助・入浴する場合は入浴介助・体位交換・就寝の案内・見守り・夜間時の対応・起床の案内・朝食の準備や介助業務を行うことになります。

医院内や施設内の清掃や器具消毒・片づけ等の業務がある場合もあり、これらの業務を夜勤担当の看護師や他のスタッフと分担して行います。

夜勤時と日勤時の違い

夜勤時は日勤時より勤務スタッフの人数が減ります。

そのため限られた人数で患者または利用者の方への対応や、外部との対応などをこなさないといけません。

また就寝時間後は消灯になるためナースコールの対応件数が増えます。

ナースコールと聞くと看護助手は関係ないと思うかもしれません。

ですが看護師の人数も足りない夜間では患者や利用者の方のところに行って要望を確認し、内容を看護師に申し送りするのも大切な仕事です。

それにナースコールの内容も「落ちたものを取ってほしい」「トイレに行くのでついてきてほしい」など看護助手が対応できるものも多数あります。

夜勤時には患者や利用者の方の様子にいっそう気を配り、一緒に勤務する看護師やスタッフと連携を密にとって勤務する必要があります。

24時間体制の医院や施設では看護助手も夜勤があることがあります。

夜勤時は限られた人数で対応するため、スタッフ間で連携を取ることが重要です。

お互いに気持ち良く働けるように思いやりを持って夜勤に臨むとよいですね。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ