介護コラム

介護分野で働く人や、これから働こうとする人に役立つ
情報をお届けいたします。

キャリアアドバイザーが様々なお悩みから転職支援まで、しっかりとサポート致します! [完全無料] お電話でもご相談できます 0120-505-169 [受付時間] 月〜金 9:00-20:00

介護福祉士とケアマネジャーの違いについて

介護の現場で働こうと思ったとき、介護福祉士募集やケアマネジャー募集などの表記が目につきますよね。
介護に従事する人であることは漠然と分かるところですが、
どのような仕事をしている人なのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、介護福祉士とケアマネジャーの違いについてご紹介いたします。

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーとは、介護支援専門員のことです。
介護保険法に定められた都道府県が実施する試験に合格することが必要で、5年ごとの更新が必要になります。

具体的な仕事内容としては、病気の方や高齢者の方など、介護が必要な方の状況や希望を鑑みて、それに適した介護サービスを受けることができるように介護計画であるケアプランの作成を行います。

行政や各施設・事業所との連絡・調整なども行い、事務的な面から介護を必要としている方のサポートを行います。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは、介護福祉士という国家資格を有している人のことです。
介護の必要な方に対して、その方が必要としている介護を行うことによって、日常生活を送ることができるように手助けをします。

仕事内容としては、介護の必要な方の衣服の着脱や入浴、食事の介助などを行います。
介護に関する専門的な技術や知識を有しているのも介護福祉士の特徴です。

ケアマネジャーと介護福祉士の違い

では、ケアマネジャーと介護福祉士にはどのような違いがあるのでしょうか。
どちらも試験を受けて資格を有していることが必要です。

しかし、仕事内容に明確な違いがあります。
それは、ケアマネジャーは介護計画を立てる人であるのに対して、介護福祉士はケアマネジャーの立てた介護計画を実施する人であるということです。

介護の必要な方が適切な介護を受けるためには、様々な面からのサポートが必要となります。
そういったことから、ケアマネジャーと介護福祉士という職業の方が存在しています。

ケアマネジャーは、介護の現場を分かったうえで、介護計画を立てることが求められるので、看護師や介護福祉士の資格を持っている方が多くいらっしゃいます。

ケアマネジャーも介護福祉士も、介護に携わる仕事ではありますが、実際の仕事内容は大きく異なります。
しかし、いずれにしてもどうやったら適切な介護をすることができるのかということを根底で仕事をしなければならないので、
お互い協力しあっていっていくことが大切です。

ご希望の条件で求人はみつかりましたか?

あなたの地域の介護施設の専門家「キャリアアドバイザー」に相談してみませんか。

転職サポートを利用すれば、非公開となっている求人を教えてもらえたり希望条件についてのアドバイスがもらえます。だから希望にあった求人に出会えます!

キャリアアドバイザーに相談してみる 無料
転職サポートご利用の流れ