高齢化社会の現代は介護職が求められている

高齢化社会の現代は介護職が求められている

介護士として働ける職場について


高齢化社会となった今は老人ホームや介護施設を利用する高齢者が増えています。利用者は増えていますが、介護職に就きたいという人たちは意外と少なく人手が足りないというのが現状です。しかし、中にはこれから働きたくことを検討している方もいるでしょう。働くにあたって介護施設とはどんな種類があるのか、ここでは働きたい方のためにもそれぞれの老人ホームや介護施設の特徴についてを話します。
まず一つ目は特別養護老人ホームです。特徴としては65歳以上で在宅介護が難しい高齢者に介護を提供するための施設です。サービス内容としては機能訓練やレクリエーションなどを行うことが多いです。
次に二つ目はグループホームです。特徴としては地域密着型の老人ホームです。個人部屋が用意されているというよりはどちらかと言うと数名で共同生活をすることがほとんどです。介護士の仕事としては介護を中心に行うというよりは高齢者の生活の手助けをするために働くことがほとんどです。
続いて三つ目は小規模多機能ホームです。こちらもグループホームと同じように地域密着型の老人ホームですが、ここでは通いで利用することもできれば泊まりや訪問など様々なサービスが存在しています。泊まりなどの場合は介護士もや夜勤などの勤務があることがほとんどです。夜勤と言うとキツイというイメージを持っている人もいますが、夜勤があることで様々な手当がつくので、その分給料は高くなる可能性があります。収入を増やしたい人は小規模多機能ホームを選ぶとよいでしょう。
続いて四つ目はデイサービスです。特徴としては自宅で生活をし、介護を受けている65歳以上の要介護認定者に対して日中の時間にケアをする仕事内容です。具体的には食事や入浴、健康管理やリハビリなど様々な介護を行います。また、デイサービスの場合は泊まることはないので、介護スタッフが自宅まで送迎するケースもあります。そのため、介護士の免許以外にも自動車の免許も取得しておくとよいでしょう。このように、介護士として働ける場所は複数あるので、自分に合う働き場所を見つけることができます。特に介護職で働ける職場を探しているという方はまず初めにそれぞれの施設の特徴などを勉強しておくと選ぶときの失敗がなくなるでしょう。

介護職のメリットとは?


これから介護職に就きたい方や将来的に介護士として働きたい人などもいらっしゃると思いますが、中には将来の就職で迷っていたり、転職で迷っていたりする人もいるでしょう。いくつかの職業の選択で悩んでいる方もいるいらっしゃると思うので、迷っている方のためにもここでは介護職を中心にメリットについて話していきます。
まず介護職は就職先に困ることがほとんどないという利点があります。これから将来に向けてどんどん高齢者が増え、高齢化社会になると言われていますが、実際に老人ホームなどの数も増えています。これからますます高齢化社会となり就職できる施設が増えると予想されているので、就職はしやすいと言われています。また、具体的には年齢も30歳以下ではなく、59歳以下など幅広く雇ってくれますし、未経験でも雇ってもらえるところも多いです。そのため、転職がしやすいのも魅力的です。
続いての魅力は残業が少ないことです。近年では過重労働などが問題として上がっていますが、その中でも残業が多いというのが過重労働につながっています。介護は夜勤などもあるので残業について不安を抱えている方もいますが、基本的には交代制の現場も多く、決められた時間以上に働くということはほとんどありません。過重労働となる心配も少ないので魅力的です。また、休日出勤なども介護職にはほとんどありません。基本的に施設によって異なりますが、中には休館日などもあり、休日出勤が存在しないところもあります。年中無休で営業しているところも交代制で勤務するので基本的には休日出勤などはほとんどないと言われています。
このように、介護職として働く魅力はたくさんあります。

面接のマナーについて


介護職は就職がしやすいと言われていますが、通常の企業と同じで履歴書の提出や面接なども存在しています。特に面接は重要と言われているので、ここでは面接時のマナーについて紹介します。
まず重要なのが髪色です。特に介護職などは衛生面にも気を配らなければならない仕事です。清潔感がないと心配に思われてしまい、面接に通過できない可能性もあります。髪色だけではありませんが、まず面接に行くなら清潔感を出すことが重要です。また、言葉遣いにも気を付けましょう。面接は礼儀が正しくない人よりも礼儀が正しい人の方が通過しやすいと言われています。基本的なことにはなりますが、言葉遣いなどは気を付けて面接に挑んだ方がいいでしょう。
このように、面接は重要なのでしっかりとマナーは守り好印象を与えるのが面接を通過するためのポイントです。

次の記事へ