メディケアキャリア > コラム > 高まる介護士の需要と待遇

高まる介護士の需要と待遇

需要が増加する一方である介護職の現状


高齢化社会が加速し、超高齢化社会になる中、介護という問題はさらに大きくのしかかってきます。理想的にはいろいろとありますが、現実ということを見たときに、介護士という存在は大きな問題となってきているでしょう。そのひとつが、人材不足です。高齢化が進むことによって、若年層との比率が問題となってきます。高齢者を支えるべき若年層は、どんどんと比率が逆転し、1人当たりにかかる比重が高くなっていくことは、容易に想像がつくでしょう。そのため、必然的に介護の職に就く人は少なくなってしまいます。
求人サイトなどを見ると、介護の仕事数は驚くほど多いことがわかるはずです。現在でもこれほどの数が出ているということは、将来的に慢性的な不足状態が続くということを意味しています。介護職員は、いつでも全般的に不足状況です。これが改善されるということは、根本的にあり得ないことでしょう。それだけの人材がいない上に、すべての人がつくことになるわけではないからです。
ビジネスチャンスととらえる人も多い中、発展もさせていかなければいけません。これは、国という組織の宿命的な部分であり、待遇もあげていかなければ、社会を根底から破壊してしまうことになるでしょう。だからこそ、ビジネスの発展があると捉える人が多いといえます。その中で、介護士は大きな注目を集めており、増やしていく必要があります。積極的に資格取得を考える人が多いのも、こうした需要を考えての上でしょう。
職業として捉えたときに、社会的な意義というだけでは、選択することはできません。どんな人であっても、聖人君子になれるわけではなく、霞を食べて生きられるわけでもないのですから、需要と供給をとらえ待遇ということも考えていくことは正しいことだからです。

資格とともに必要な経験


介護士の状況を考えた場合、資格を取得するために専門の教育を受けるという案も出てきます。こうした環境整備が追い付いていないことも事実で、さらに実務経験も積んでいかなければいけません。
簡単に資格を手にすることもできない以上、挫折してしまう人が多いのも確かです。こうした背景も、人材不足に拍車をかけていることは間違いありません。雇用する側からすると、数少ない人材の確保が急務です。育てていても、止めてしまうケースも少なくないのは、待遇ということに差があるというのもあるでしょう。新人教育に時間をかけるということは、将来への期待と引き換えに労力を要することになります。時間だけではなく、資金も投入することになるのですから、即戦力が欲しいというところも多くなりました。
そうなると、大きな変化が出てくるのが、待遇ということになるでしょう。待遇が悪化すれば、転職を考えるようになるのは、介護士も同じことです。逆に待遇が良ければ、辞めてしまうということも防げるでしょう。
仕事として、きつい世界であることは間違いありません。ですが、その半面で、待遇を含めて多くのチャンスが隠れていると考えることもできます。需要がなくなることはないということを考えても、安定した仕事を見つけることができる可能性が高いのですから、これをひとつの好機ととらえるべきです。チャンスが目の前にある以上、待遇に関しても、待っているだけではなく、どんどんと生かしていくべき時代となったといえます。

介護士として働くのであれば


介護士ということでは、自分の能力を活かすということも重要でしょう。資格取得を考えても、生かす場所がなければ意味がないからです。そのひとつとして、老人ホームがあります。交代制で働くことになりますが、慢性的な人材不足に見舞われている状況です。待遇としても優れたところが多くなっているのは、それだけ人材がいないということがいえるでしょう。
経験を積むためにも、さまざまな時間帯で働くことができることはメリットです。より多くの時間をつかって実務能力を積み上げることができるため、一人前になるための時間をつくることができます。実務経験は、なによりも自分の糧になるため、職業としてこの分野にとっても大きな意味があるでしょう。待遇ということを考えても、経験を積めることはなによりも大きな意味を持っているからです。給与待遇として考えても、職場を選び出すことによって厚遇が期待できますので、資格を活かすということを考えても、有利な職場であることは間違いありません。
もうひとつ、考えていくべきなのが、在宅介護でしょう。最近は、個人の生活環境を活用し、住み慣れた環境の中で安心して生活を送るということも考えられるようになりました。そのためには、介護士の存在が欠かすことができません。この方法であれば、最終的に自分で事業を起こすということをひとつのマイルストーンにすることもできるでしょう。フリーランスとして働くことで、待遇の交渉も得ることができます。将来を考えることは、どんな仕事でもおこなっていかなければいけません。介護士も例外ではないのですから、しっかりととらえていく必要があるでしょう。

次の記事へ