薬剤師の資格のとり方や仕事内容などについて

薬剤師の資格のとり方や仕事内容などについて

薬剤師の資格の取り方



薬剤師として仕事をするためには資格を取らなければいけません。それでは薬剤師の資格はどうやって取得できるのでしょうか。毎年、薬剤師の国家試験が行われています。こちらを受験して合格すれば資格を得ることができます。ただし、誰でも受験できるわけではありません。受験するための条件は法律によって明確に設定されています。

基本的には薬剤師の養成課程のある大学に合格して、6年間勉強をする必要があります。注意すべき点は薬学部の中には資格取得を目的としない4年制の学科が設置されている点です。そちらを卒業しても条件を満たしていれば国家試験を受験することは可能ですが、最初から6年制の学科に進学する方がスムーズに国家試験を受験できるでしょう。養成課程は国立や公立、私立の大学にあります。全国各地に養成課程を設置している大学があります。

大学では薬学に関する幅広い授業や実験、実習などを受けることになります。座学だけではなくて、調剤薬局や病院などでの実習もカリキュラムに含まれています。6年間しっかりと勉強をして、国家試験を受けることになります。養成課程を卒業した人か、あるいは卒業見込みの方のみが受験資格を得られます。

国家試験は2日間行われます。薬学に関する幅広い分野の問題が出題されます。合格率は80%前後と比較的高くなっています。しかし、決して簡単な内容ではありません。学校で学んだことをきちんと理解していなければ合格できないでしょう。試験に合格すれば、名簿に登録されます。そして、資格を受理できます。さまざまな職場で専門的な知識を活かして働くことができます。



薬剤師の仕事内容



薬剤師はどのような仕事をしているのでしょうか。資格を持っている人は薬の専門家として仕事をすることができます。主に医療機関や薬局で働くことが多くなります。処方箋に基づいて調剤をしたり、患者に対して薬の説明をします。また、あらゆる薬の販売も行えるようになります。ドラッグストアで薬を買いに来たお客さんに対して相談にのることもできます。

大学できちんと勉強することによって、化合物に関するさまざまな知識を得ることができ、薬が体内でどのように作用しているのか、どんな病気の治療に役立てられるのかを学べるため、専門的な事柄にもしっかりと対応できるのです。

一般の医薬品を販売する際には、消費者のニーズに応じて、それぞれの悩みに合った薬を探して提案をするのが重要な役目となっています。必要であれば専門医の受診を勧めることもあります。セルフメディケーションのためのサポートをするのは重要な役割となっています。そして、一般的な医薬品だけではなく、サプリメントや健康食品、漢方薬についても対応している場合があります。在宅介護の支援をしたり、禁煙サポートをしたり、ドーピングの可否に関する相談を受けることもあります。

病院では点滴や注射に使われる薬の調整や管理をしたり、臨床検査を行う仕事などもあります。薬の在庫管理や品質管理をするのも重要な役目です。薬物治療モニタリングをしたり、医師に対して薬の専門家としての助言を行うこともあり、このように仕事内容はとても幅広くなっています。どんな職場で仕事をしているかによって、その内容は大きく変わります。



薬剤師の職場について



薬剤師の資格を持っているとどのような職場で働くことができるのでしょうか。たとえば学校で仕事をしているケースがあります。学校医とともに生徒達のための学校保健の仕事をします。衛生管理を行ったり、プールの水の検査をしたり、教室の環境の検査を実施して、必要に応じて学校側に指導や助言をすることもあります。

国や県庁、保健所などで働いている方もいれば、薬事監視員としての仕事を行ったり、衛生研究所をはじめとした公立の研究機関で検査や研究に従事している方もいます。自衛隊や警察などで働いている方もおり、製薬会社に勤めている方もいます。薬の研究開発に携わったり、品質管理をするのが主な仕事となっています。薬についての情報を収集して、医師や看護士などからの問い合わせに応じて必要な情報を提供するという仕事も存在しており、化粧品も薬事法によって規制されているため、化粧品メーカーで働いている場合もあります。

多くの方が働いている職場としては、薬局や病院、診療所などが挙げられます。あるいはドラッグストアに勤めている方もいます。ドラッグストアは全国にたくさんあるので、これらの求人は非常にたくさんあります。薬に関するスペシャリストとして期待されているのです。

薬剤師であれば、就職や転職が行いやすくなります。専門的な知識やスキルを持っており、それをすぐに仕事に生かせる職場がたくさん存在しています。アルバイトやパートとして働いている方もいるので、育児のために職場を離れたとしても、すぐに現場へ復帰することが可能です。それだけ価値のある資格となっているので、多くの仕事があります。

次の記事へ