薬剤師の働き方や求人の探し方と適職フェアについて

薬剤師の働き方や求人の探し方と適職フェアについて

薬剤師の働き方について


薬剤師として働くには、まず資格を取得しなければいけません。薬剤師の資格を取得して初めて、その仕事を探すことができるのです。実際にこれから薬剤師として働きたい方や、転職を検討している人もいるのではないでしょうか。日本では、お薬に携わるところがたくさんあり、働き方もそれぞれの就業先で異なります。薬剤師が働くことができる場所は調剤薬局です。主にクリニックなどと並列して建っていることが多く、実際に調剤薬局でお薬を頂いたことがある人も少なくないでしょう。主な働き方としては、クリニックなどの病院の先生から処方箋を作ってもらい、それを見てお薬を選びお渡しする仕事です。その他の場所としては、ドラッグストアや薬を専門に扱う店舗です。現在では地域に関わらずドラッグストアはたくさん存在します。ドラッグストアでは、食べ物や日用品だけでなく、お薬が販売されています。店舗の中には薬剤師さんがが渡さなければならないお薬を扱うところもあり、実際に働いている人はたくさんいます。その他の場所としては病院勤務です。調剤薬局との働き方の違いは、病院の中で患者さんにお薬の説明をすることです。また、病院によっては在宅訪問を実施しているところがあります。そのようなところでは、実際に患者さんのお家まで足を運び、お薬の説明をすることもあります。
その他の働ける場所は、製薬企業です。主な仕事はお薬の開発です。資格を有しているので、お薬に関する知識が豊富にあります。そのため、新しいお薬の提案などを行います。また、製薬企業で働く人の中には研究者になる人もいて、調剤薬局や病院とは少し異なった働き方ができます。治験コーディネーターつとして働く人も少なくありません。治験コーディネーターは別名、CRCと呼ばれます。主な仕事は、新しいお薬を試用した治験者の聞き取りや調査をすることです。また、治験者のケアを行うこともあります。その他、介護の現場でも活躍することができます。現在の日本は高齢者が人口の多くを占めており、高齢化社会と言われています。そのため、各地域には老人ホームなどの介護施設がたくさん建っています。介護施設で働く人もおり、ケアマネージャーとして働く方もいます。主な仕事としては、介護プランを組み立てることです。実際に働くことができる場所はたくさん存在し、もし資格を取得しているのであれば、選択肢はたくさんあります。

薬剤師の求人の探し方


薬剤師の求人の探し方にはポイントがあるので、就職や転職を考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。探し方のポイントは勤務形態です。勤務形態は当然、ドラッグストアや診療所など働く場所で異なります。例えば、調剤薬局の営業時間は日中で、正社員として雇用しているところが多いです。また、ドラッグストアでは平日以外にも働くことがあり、正社員として雇用されることも可能です。
その他の選び方のポイントは給与です。一般的に薬剤師の平均年収は大凡550万円から590万円であると調査結果で報告されています。給与はそれぞれの求人で表示されており、自分が納得できる値段のところを選ぶ人が多いです。
その他の選び方としては勤務地です。基本的に県境に住んでいない人であれば、住まいと同じ都道府県を選択する人がたくさんいます。もし自宅から距離が近いと時間に余裕を持てます。また、勤務地が近ければ交通費も安くなるので、雇用側にもメリットがあります。まずはどのぐらいの距離がかかるのかを調べて、自分が通いやすい求人を選択しましょう。また、選ぶ際には福利厚生なども確認しておきます。福利厚生が充実してれば、スポーツジムなどの施設を安く利用でき、働く側はメリットが得られます。

適職フェアについて


薬剤師の資格を取得している人で、就職や転職を検討している人の中には適職フェアに積極的に参加している人がいます。適職フェアの特徴は求人情報や地域情報を閲覧できることです。適職フェアで提供される求人や地域情報はネットから見られないものもあり、就職活動に役立てることができます。また、適職フェアでは人材を募集している病院や介護施設のパンフレットを見ることが可能です。実際に働くことを検討している人の中には環境を重視する人も少なくありません。例えばどのような設備があるのかや、衛生面はどうかなどです。パンフレットを見ることで、面接を受ける前に事前にどのような施設なのかということを把握できるので、働く場所を探す時に活用できます。
また、適職フェアの中にはお子さんを育てている人をサポートしてくれるところもあります。例えば、キッズルームを設けて利用しやすいように配慮してくれるところがあります。また、相談もすることも可能です。実際に薬剤師の資格を持っている人の中には転職先に悩まれている方も少なくないでしょう。もし相談会を利用すれば、キャリアアドバイザーなどが相談に乗ってくれるので、客観的な意見を聞くことができます。

次の記事へ