薬剤師が年収をアップするためのコツについて

薬剤師が年収をアップするためのコツについて

コミュニケーション力をアピールする



薬剤師が年収を上げるためのアピールポイントとしてコミュニケーション能力というのは重要です。これから転職をする際には自分にはどのような能力があるのかをどんどんアピールするべきでしょう。その際にはコミュニケーション能力を武器にしていくと交渉しやすくなります。採用担当者が興味を持ってくれる可能性のあるスキルというのはいくつかあります。その中でもコミュニケーション能力というのはどのような現場でも重宝される可能性のあるスキルです。この能力のある人材がいろいろな現場で求められているのです。

それでは具体的にコミュニケーション能力が高いとはどういうことでしょうか。これは普通に話をするのが上手い人、患者に好かれる人という意味です。このレベルのコミュニケーションでも十分です。そもそも、このようなことが上手くできない薬剤師がいる場合もいます。円滑にコミュニケーションを取れる人は、それだけでも優秀であると判断されやすいでしょう。ビジネスマンとしての会話ができるような人はどこの現場でも重宝されるでしょう。

薬剤師という資格を持っていると簡単に就職することができてしまいます。そのため基本的なコミュニケーション能力を高めたり、ビジネスマナーを身につけようと考える人が少ない場合が多く、そのような能力を持っている人材が市場に少なくなっているのです。そこで、自分のコミュニケーション能力を高めておくことによって、ライバルに差をつける素晴らしいスキルとして評価されるでしょう。話のが上手い人というのはそれだけでも希少価値があるのです。患者やお客さんと同じ目線で話をすることができる人は評価されます。それによって満足度を高めることができるからです。



全体のことを考えられる薬剤師は貴重



全体のことを考えられる薬剤師というのは年収をアップさせやすいでしょう。たとえば薬局で働いているとして、そのお店全体のことを考えて、どのようにすればもっと成果を上げることができるのかという意識を持てる人はどのような職場からも求められるでしょう。

具体的には人間関係を調整することができる人材は評価されやすくなっています。薬局ではいろいろな人間が働いています。雰囲気が悪くならないように上手く間に入ることが大切です。お店の雰囲気をよくして、そこで長く働いていたいと思わせるようなお店づくりに貢献できるような人は評価されます。薬局の経営者側にとっては、そのような薬剤師こそ採用したいと考えるのです。

薬剤師というのは転職が比較的容易にできてしまう仕事です。資格さえ持っていれば引く手もあまたな状態となっています。そのため少しでも雰囲気が悪かったり、待遇が悪いと簡単に辞めてしまう方が多いです。しかし、お店側にとっては、せっかく採用した人材にすぐにやめてもらっては困ってしまいます。そのような状況が続いてしまうとお店にとっては大きな損失となってしまうでしょう。そのため、どのようにすれば従業員が辞めずにずっと働いてくれるのかということに神経を使っています。そのような経営陣側を助けるような働きのできる人材は評価されやすいです。

このようなスキルを身に付けるためには、意識的に働くことが大切でしょう。周りで働いている人達のことを意識して、それぞれの人達の気持ちになって考えてみることが大切です。業務の効率を改善させるためのシステムを提案できるような人は高評価を受けられます。



マネジメントスキルは重要



薬剤師が年収を上げるために重要な能力としてマネジメントスキルがあります。このスキルを持っている方はなかなかいないでしょう。薬局長やドラッグストアの店長として力を発揮できるような人材のことです。これまでに薬局を運営していたことがあったり、受発注やレセプトの管理をしたことがあるという経験はどんどんアピールするべきです。これらは管理薬剤師業務といわれるものであり、この経験はどんな職場であっても評価されるでしょう。需要が高くて年収交渉の材料にしやすいのです。

ただし、マネジメントをしたことがあるというだけでは案外たくさんいます。その中でも本当にマネジメントの力のある人材が求められやすいのです。ある程度人数の多い職場において薬局長をやったことがあるならば、その経験は大きなアピールポイントとなるでしょう。これによって年収アップを果たすことができるかもしれません。

マネージャーとして働くことができるスキルというのは、人を管理することができるスキルのことです。たとえばその店舗で採用の業務を担当したり、店舗見学に対応したり、面接の対応をするといった仕事があります。お店の雰囲気作りに貢献できる人材も重宝されるでしょう。すぐに辞めていく方が多いため、そのような人達をできるだけ引き止めて長く働いてもらえるような職場づくりに努めるのです。

管理薬剤師として働きたいならば、どんどん自分からアピールしましょう。その経験はきっと将来役に立ちます。今よりもさらに高い年収を求めているならば、管理者としての経験を積み重ねましょう。

次の記事へ