メディケアキャリア > コラム > 社宅など条件で選ぶ介護求人や求人サイトの選び方について

社宅など条件で選ぶ介護求人や求人サイトの選び方について

介護求人の選び方を知ろう


介護求人を探しているという方もいるのではないでしょうか。現在介護の需要が高まっているということは多くの人が知っているでしょう。現在の日本の人口割合は高齢者が多くの割合を占めており、将来的にその割合はこのままの状態が続けばさらに増えると予測されています。高齢者の割合が増えれば当然若い世代の割合は減少し、少子高齢化社会になります。高齢者が高齢者をサポートするというケースは少なくなく、若い世代が高齢者を今後においてもサポートしなければなりません。
高齢者が住んでいる住まいにはご家族がいるという方もいますが、仕事で忙しい、子育てで時間に余裕がないという方もいますから、足腰の弱ったおじいさんやおばあさんをサポートすることができない家庭も少なくありません。そのような家庭ではデイサービスや老人ホームなどを利用してしもらいサポートを受ける高齢者も少なくありません。
このように需要が高まっているため、各地に介護施設、老人ホームが点在し、そこに在籍するスタッフが利用者を介助しますが、施設の中には人手が足りないところもあり、求人サイトなどに掲載をして働いてくれる方を募集しています。介護ができる人は基本的にホームヘルパーに関する資格などを取得している方ですが、介護求人の中には未経験の方を募集し資格取得をサポートすることができるので、幅広い人がこの職業に就くことができるチャンスがあります。先ほどから述べているように募集している施設は多いので、転職や介護職に興味のある方は幅広い求人の中から自分に合った施設を選択することになります。それぞれの施設で条件などが異なるので転職や就職を考えている方は介護求人の選び方を参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。

社宅などの条件の絞り込みをして介護求人を選ぼう


求人サイトなどでは条件検索ができるところが多く、条件の良い求人を選択して働きやすい環境で利用者をサポートできる可能性があります。選び方のポイントとして挙げられるのが自分の条件に合ったところを選択することです。例えば転職や就職を希望している方の中には社宅に住みたいと思われている方もいるでしょう。
社宅とは会社が安い料金で提供してくれる賃貸物件のことになります。就職を考えている方の中には住まいも同時に手に入れたいと思われる方もいるでしょう。社宅は社員寮とは異なり家族でも生活することができます。施設を運営する会社によっても異なりますが、3LDKの賃貸物件を提供してくれたりするため、介護施設で長く勤めたいと思われる方の中には実際に利用される方も多いようです。社宅に住む最大のメリットは安い家賃料で生活ができるという点です。通常の賃貸物件で賃貸をすると6万円以上毎月支払わなければならない物件が社宅になると数万円程度に値引きされることも珍しくありません。家賃は毎月支払わなければならないのでなるべく負担を抑えたいという方もいるでしょう。そのような方は介護求人を探す時、社宅などの従業員向けのサービスを提供してくれる施設での勤務を検討されてみてはいかがでしょうか。その他の条件として挙げられるのが通いやすさや給与です。社宅ではなく自宅から通いたいと思われる方もいるのではないでしょうか。
もし自宅から通いたいと思う方の多くはなるべく近い施設で働きたいと考えるのが一般的です。自宅から近いことで通勤時間を短くできるため余裕を持って起床することができます。また、雇用する側においても通勤のための交通費を少なくできるので両者にメリットがあるでしょう。施設の住所などを確認して通勤にどれぐらいの時間がかかるのかをあらかじめ調べて応募をしましょう。給与に関してはそれぞれの施設で値段が異なります。また賞与においても異なります。給与だけで介護求人を選択するという方は少ないですが、あらかじめ確認しておき、給与でそれぞれの施設を見比べて選択することも可能です。

介護求人を提供してくれる求人サイト


介護施設に特化した求人サイトがあることを知っている人は少ないのではないでしょうか。例えば業種だけでなく北陸地方を中心に求人サイトを掲載してくれるところもあります。北陸地方に住んでおり、近くの施設を選びたいという方はそのような地域に特化した求人サイトを選択することで自宅近くで介護求人に応募できる可能性が高くなります。
求人サイトを選ぶ時は条件の検索のしやすさなどをあらかじめ確認しましょう。求人サイトの中には勤務地や職種だけでなく施設形態を選択できるところもあります。施設形態とは介護施設の形態のことで、介護施設にはデイサービスやグループホームなどがありますが、検索条件にこのような施設形態を選択できるので働きたい施設形態を選択して介護求人の一覧を取得することができます。その他にも相談窓口を設けているところや適職フェアなどを開催してくれるところもあるので、そのような求人サイトを選択することで相談サポートも受けられます。

次の記事へ