メディケアキャリア > コラム > 看護師と薬剤師の仕事の関係性と上手く付き合うためには

看護師と薬剤師の仕事の関係性と上手く付き合うためには

薬剤師と看護師の仕事の関係性について


薬剤師と看護師の仕事の関係性について知りたいと思われる方も少なくないでしょう。例えば現在薬剤師や看護師としてお仕事を探している方の中にはどのような関係性があるのか、協力していくべきことは何なのかを把握したいと思われる方もいます。まず、お仕事の関係性を知るためにはそれぞれのお仕事内容を把握しましょう。
看護師においてはカンファレンスは業務の一環です。カンファレンスは別名で申し送りと呼ばれることもあります。日本では病院をテーマにしたドラマなどがありますからカンファレンスについては知っているという方も多いでしょう。カンファレンスでは主に昨晩患者さんの状態に変化が合ったのかをそれぞれのスタッフで情報を共有するために行われます。また、ここで引き継ぎも行われます。
診療の補助を行うのも業務の一環です。診療の補助では医師の業務のサポートや病状の観察、報告を行います。バイタルサインを測定、把握することも看護師の業務の一つです。例えば患者さんの病状の変化はバイタルサインとして表に現れることがあります。バイタルサインとは体温や血圧、脈拍などです。例えば風邪などをひいた時は発熱を発症する方も少なくありません。発熱があることで何かしら身体に異変が起きているということを確認することができるのです。このように看護師の業務においては患者さんの観察や医師のサポートがメインの業務になります。
一方で薬剤師はどのようなお仕事をしているのでしょうか。病院においては薬は欠かすことができないものの一つです。患者さんが痛みを訴えた時はお薬を使ってその痛みを軽減し、辛さを和らげます。また、手術においても麻酔がなければ当然強い痛みが伴います。このように病院では様々な薬剤を使用しますが、その管理を行っているのが薬剤師になります。管理するだけでなく、患者さん一人一人に適切な組み合わせで処方することが求められます。お薬の管理、処方だけでなく服薬指導も行います。服薬指導とはどのようなタイミングでお薬を飲めばいいのかを支持します。お薬によって飲まなければならない時間帯は異なります。例えば朝と夜に飲むお薬や朝だけ飲むお薬など、それぞれのお薬で飲み方が異なります。薬剤師が服薬指導をすることによって、患者さんが安全に薬を飲めるようにサポートしているのです。また、患者さんの状態も確認します。例えば今現在飲んでいる薬があるのか、アレルギー体質かどうかを確認して副作用を起こす条件がないことを事前に確認することも薬剤師の業務の一つです。薬剤師が働ける場所はドラッグストアや官公庁など様々な場所があります。
ここまで二つの職業についての仕事内容を確認しました。しかし、それぞれの仕事内容は一見全く違うように感じる方も少なくないでしょう。しかし、看護師と薬剤師の業務内容には関係性がたくさんあり、実際の現場で両者が接触するケースは少なくありません。例えば現場においては薬剤師が看護師に注射液の製剤を渡すケースも存在します。また、患者さんの病室に足を運び、お薬の効果や副作用について意見を交換するということもあります。このように一見すると全く違う業務に思える二つの職業ですがそれぞれ接点がありお互いが業務をサポートしあい、協力をしながら仕事をしています。

薬剤師と看護師が仲良く業務を行うためには


このように業務において両者は接点があるので、これからお仕事をしたいと思われている方の中にはなるべく仲良くお互いのことをサポートしあいながらお仕事をしていきたいと思われる方も少なくないでしょう。例えば良好な関係を保つために必要なことはコミュニケーションを取り、お互いの仕事内容や性格を理解していくことが求められます。
当然お互いのことを知るためにはコミュニケーションが必要になります。コミュニケーションを取り、お互いの気持ちを理解することによって相手を敬ったりすることができるのではないでしょうか。その他にも業務の大変さをお互い理解することです。コミュニケーションを取り合うことによってそれぞれの業務の大変さを知り、もし忙しい時はサポートしあい協力することで仲良く業務を行うことができる可能性が高くなります。

看護師や薬剤師のお仕事探しをしている方へ


看護師や薬剤師の求人を探している方は求人サイトを利用してお好みの職場を見つけてみてはいかがでしょうか。求人サイトの中には福祉に関わる職業を中心に求人を掲載してくれるところがあります。当然看護師や薬剤師のお仕事も紹介してくれるので、自分に関係した求人や職場を効率的に探すことができる可能性があります。
もし自分で求人を探せないという方は、転職サポートに申し込むことで求人サイトを運営する業者が転職に関してサポートをしてくれるので、自分の力だけではなくサポートを借りて自分の好みの職場を見つけることができるでしょう。

次の記事へ