看護師が転職するタイミングとは

看護師が転職するタイミングとは

求人の多くなる時期は


看護師の仕事は、他の仕事に比べてもきつい部分を持っていることは間違いありません。その中で、転職を考えるということは、何も珍しいことではないでしょう。もっと合っている職場を見つけるということにもつながりますし、待遇の良いところを探すということも出てきます。交通の利便性といったこともあるでしょう。人生の中にはいろいろな事情も出てくることから、どんなタイミングで考えていくべきかということも大事なことです。
ひとつの目安として、求人の多い時期ということは、タイミングに適している部分となるでしょう。当然求められて就職することになるため、待遇的にも優れたものが出てくることもあります。求人の数があるということで、それだけ選びやすいということもタイミングのひとつになってくることは間違いありません。世の中で中途採用ということを考えてみると、多くなるのは3月から4月です。もうひとつの時期として、9月から10月というところが一般的に中途採用の数が増えていきます。
なぜこの時期に増えるのかということも考えなければいけません。まず、病院にとってもこの時期は事業計画がいろいろと変わってくる時期にあたります。必要な人員ということも出てくることになるため、募集をかけて増員を狙っていくということにもなるでしょう。新たな部署の増設といったこともおきることになるため、中途採用が増えます。時期を考えると、年度末ということは、新卒の入社時期にもあたることになりますが、教育ということでは中途採用も合わせたいというのも理由です。研修の効率化にもつながっていくことになります。やめる人も出てくる時期というのも理由です。期末にあたることから、切りがいいところで退職や異動ということも出てくることで、人員の増強を狙うということも理由といえるでしょう。

ボーナスとの関連性


ボーナスということも、転職の理由のひとつにつながっていきます。タイミングとして考えても重要なところになってくるでしょう。夏のボーナス支給後ということでは、7月がタイミングになってくるのが一般的です。やめることは確定していても、ボーナスまでは我慢するというのは、普通に考えが及ぶところになります。退職希望者の増加ということは、それだけの求人数を発生させる要因ともなることから、タイミングとしては待遇の良いところも見つけやすくなるといえる時期です。
冬のボーナスも同様です。12月ということになりますが、この時期にやめるということで、4月に入社を考えるという人もいるでしょう。逆に4月に入職を見込むということでも、求人数が増加してきます。
病院としても内定の問題などもあることから、この時期は条件のいい求人が増加するのがポイントです。狙い目となってきますが、その分、時間のブランクが発生する可能性もあります。退職する時期もうまくコントロールしていかなければ、収入がなくなってしまうという恐れもあることは理解しなければいけません。

看護師側から見たタイミング


時期としてのタイミングだけではなく、看護師にとって向いている時期ということも考えていかなければいけません。募集が多くなった時期のほうが、選択の幅があるのは確かです。ですが、準備もしていかなければいけないことから、狙っている時期から2カ月程度までには、行動に移すようにしていくことが必要でしょう。効率的に進めていくポイントのひとつです。
4月入職を狙うという場合、実際の求人は12月前後に出回ってきます。すぐに転職することができないともいえますが、ブランクがあったりするような場合には適切なタイミングになってくるでしょう。早めの準備ができるというメリットもありますが、それだけ競争も激しくなります。行動が遅くなると、条件のいい案件はなくなってしまいますので、少しでも早く動きだせるように考えることも必要です。
やめる人が出るということで、賞与のタイミングがありますが、逆の立場から考えていかなければいけません。ボーナスが出る時期にやめられてしまうということで、必要な人員を確保できないようなところも出てきます。逆に優れた求人がその前に出てくることも予想できるため、あまりにボーナスにこだわりすぎるようなかたちにするのではなく、条件のいいものが見つかったときには早く行動することが重要です。職場でボーナスに合わせて退職を伝えると、減額されてしまうということも考えられます。ボーナス支給には規定がありますが、ぎりぎりに落とされてしまうようなこともあるのですから、退職を伝えるタイミングは考えなければいけないでしょう。
ベストなタイミングは、すべて同じではありません。理由もいろいろとありますし、状況や環境も左右してきます。その中でも、余裕を持った準備ということが重要になってきますので、計画を持って臨むということが必要です。

次の記事へ