昔と比べて介護求人の方法はどのように変化したのか?

昔と比べて介護求人の方法はどのように変化したのか?


最近は介護求人の方法に変化が出てきている



一昔前であれば、介護求人といえばハローワークや求人情報雑誌などが主流だったのですが、最近になって介護求人の方法に変化が出てきています。従来のハローワークや求人情報雑誌で紹介されている案件というのはどうしても数に限りがありますし、地域が限定されていたので競争率も高く、自分に合った条件の仕事を見つけるのは難しい面がありました。

現在ではスマホやパソコンを駆使して求人情報を探す時代になっているので、一昔前に比べて求人サイト数が非常に多くなっています。求人サイトにはどこの地域にどのような施設があり、そしてその施設の特徴まで掲載されていることがあるので簡単に比較検討することができます。ネットで簡単に色々な地域の介護求人の情報を検索することができるので、自宅から近いところにある施設の求人情報だけでなく、県外にある施設の求人情報など、地域を問わず自分の得たい情報を簡単に得ることができるようになりました。

今や日本の高齢化は進行がどんどん続いており、2025年には人口の約3分の1が65歳以上になるという予測がされています。そのため介護求人の数はこれからもどんどん増えていくことになるので、将来性が非常にある仕事になりつつあります。一方で介護士の数は需要に比べると全く足りていないのが現状です。現場には介護用ロボットなども登場しつつありますが、やはり人間の手による介護というのはいつの時代も求められています。ネットの普及によって求人情報を探すことが容易になったので、その分自分の求めている職場を探しやすくなりました。これからの就職活動は、ネットを上手く活用することが鍵となります。



介護求人方法の変化に惑わされてはいけない



確かにネットの普及によって介護求人の方法は紙媒体から求人サイトへと変化しつつありますが、時代は変わっても介護士に求められることは変わりません。それは、どのような状況でも冷静に施設の利用者と向き合い、皮膚の状態や動作などの変化にいち早く気づくことができるかどうかです。介護士というのは忙しい毎日を送るのですが、現場の空気に飲まれてしまっては大事な変化を見落としてしまうことがあります。どれだけ注意を払って利用者の動向を見守ることができるかは、介護の仕事をする上で非常に大事なことです。

その上で病気や怪我の緊急対応の方法や、リハビリや薬などの知識や技術なども最近では求められているので、現場を通して少しずつ身につけるようにするといいでしょう。今や施設の利用者の中にもスマホやタブレットなどを使用している方がいて、昔とは現場の状況も変化していますが、人間相手の仕事であることに変わりはありませんので、常に利用者を見守る姿勢を持つことだけは忘れないようにしましょう。

介護士の仕事というのは決して楽ではありませんが、自らの技術や知識によって豊かさや喜びを提供することができる非常にやりがいのある仕事な上に、今や社会的にもニーズが非常に高まっています。強い意欲を持って取り組むことによって自身も向上することができますし、それに伴って給与面や待遇面も良くなることが期待できるでしょう。さらに現場での経験を通して資格を取得するなどして、スキルアップすることで、より責任のある仕事に就くことも可能になります。



時代の変化に関係なく介護求人は一定数ある



超高齢化社会に突入しつつある現代日本において、介護求人数は常に一定数あります。一方で介護士のなり手がそれに追いついていないので、待遇面も少しずつ良くなってきています。特に夜勤であれば日勤よりも給与面を優遇されることが多く、中には一般企業に務めている会社員以上の年収を得ている介護士もいます。さらに、激務のイメージがある介護職ですが、きちんと申請すれば長期休暇を取ることができる施設もあるので、旅行に行ったりどこかに遊びに行ったりすることも可能です。また、パートタイムでの募集をしている施設もありますので、一日数時間程度の勤務から始めることもできます。

介護求人サイトを上手く活用すれば、自分の希望の施設で働くことができ、そこから簡単に面接の申し込みもできるので、有効活用するのも方法の一つです。また、求人サイトによっては面接講習会や就職相談会などを企画しているところもあるので、そのようなサイトを利用すれば、より希望の施設で勤務できる可能性が高くなります。時代は介護士にとって有利な方向に変化しつつあるので、これから介護職に就職や転職を考えている方は、まずはネットの介護求人サイト等で情報を収集するところから始めてみるといいでしょう。

特にキャリアアドバイザーがしっかりとバックアップしてくれるようなサイトであれば、初めての転職や就職であっても安心して活動することができます。面接のときにどのように自己アピールをすればいいのかなどは、キャリアアドバイザーに教えてもらうことによって、より採用される可能性が高くなります。

次の記事へ