メディケアキャリア > コラム > 必須となる介護資格と実務経験

必須となる介護資格と実務経験

需要が高まっていく中で


年々介護の仕事の需要が高まってきているということは、異論をはさむ余地はないでしょう。さまざまな仕事からこの業界に転職を考えている人が増えているのは、それだけの需要があるからです。社会的な状況を見ても、要介護者が増える一方で、介護職員の数は圧倒的に足りません。需要が増加する一方であるというのには、こうした背景があることは確かです。
実際に現場を見てみると、介護職は必要であるということは間違いありませんが、誰でもいいというわけではないことも現実でしょう。人の数だけでカバーできるわけではなく、さまざまな能力も必要になってくるからです。そこで、資格取得をして、能力を高めるということも大切なことであると言えます。実際に見てみると、介護職員初任者研修から始まり、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーなどがよく知られているところでしょう。その他にも、介護事務や医療事務なども重宝される資格です。方向性が変わりますが、福祉住環境コーディネーターといった資格も重要になってくるでしょう。
旧制度からの変更ということもいろいろと生じてきています。ホームヘルパー2級がその焦点となりますが、現在では介護職員初任者研修と名称も内容も変化しました。こうした変更も時代の流れであり、必要に応じて統合されたり、新たに設定されたりする可能性も十分に考えられます。その時に力を発揮するのは実務経験であり、資格とともに重要視されると考えていかなければなりません。

将来を考えキャリアプランの形成を


キャリアプランとして考えた場合、介護職員初任者研修がスタートラインになってくるでしょう。これは基本的な知識と技術を証明する資格であり、入門としても重要な位置を占めています。ホームヘルパー2級と同程度として考えることができますが、次の実務者研修への段階を踏めることを考えると、かなり大きな意味が出てきます。実務者研修になると、サービスを行う現場にて責任者としての能力を果たせることや、必要な知識を所持していると考えられるレベルとなります。それだけの実務経験も必要となり、単に知識だけではないレベルに到達した証明にもなります。医療としてのケアの知識も持たなければならず、現場で考えた場合にも十分に活躍できるだけの能力を担保できる資格と言えるでしょう。
もう一つ大事な側面として、介護福祉士への受験資格になるということがあります。今までには目指すことができなかったキャリアプラン形成ができるようになりました。唯一の国家資格であり、実務経験と揃えることで、大きな力を発揮することができるようになります。この背景にあるのは、それだけ能力の高い人材が必要であるという社会の流れです。これまで知識偏重だった部分から、現場での経験と知識の両立ということが求められてきています。
スペシャリストを育成するのは、知識だけではできません。多くの経験を積み、どんな状況に置かれても対応できる人材育成が急務だと言えるからです。当然のことですが、それだけの経験を積むことになるため、時間をかけて多くの力をつけていかなければいけないとも言えます。将来的なことを考えれば、できるだけ早く転職をして経験を積むことが求められることになるでしょう。

さらに経験が問われる時代へ


介護福祉士という仕事について考えていくと、実際どの現場でも求められていることが分かります。これは施設サービスにおいてだけではありません。もちろん、施設サービスでは、生活相談員ということも含め、重要な資格となっていきます。職員としても重要なポジションであり、施設としても所定人数をおかなければならないことも重要でしょう。必ず一定人数が必要になってくるので、重要度はどんどんと高まっていきます。
居宅サービスということを考えても、どこでも活躍することができるでしょう。訪問サービスであっても変わりはありません。名称に違いはありますが、どんな状況でも活躍が期待されます。サービス提供責任者としても重要な資格であり、他の資格ではカバーできないことも行っていくことになるでしょう。それだけに、多くの経験を積み、資格とともに発揮できるようにしていかなければなりません。やがて資格取得は当たり前となり、差別化がつかない状況も予想されるため、実務経験はさらに重要性を増してくることになるでしょう。
介護の現場は、資格だけで活動できる場ではありません。経験が重要であり、資格と両立をさせていくことで初めて活躍もすることができるようになります。キャリアプランとして、さらに高いレベルの設定も予定されているので、もっと多くの経験を積めば、同時に高いレベルの知識を身につけられるようになるでしょう。将来ということを考えても、できるだけ早めにキャリアをスタートさせ、力をつけていくことが重要となっていくことでしょう。

次の記事へ