メディケアキャリア > コラム > 富山県内で介護士として転職したい場合

富山県内で介護士として転職したい場合

ハローワークで転職活動をする


富山県で介護士に転職をする方法はいくつかあります。その1つがハローワークを使用した方法なのですが、最近はハローワークであっても介護士の求人も出ています。そのため、以前よりはハローワークを利用した方法は効果的なのです。通常転職をする場合、ハローワークを利用することで失業保険がもらえます。失業保険の手続きはハローワークでなければ出来ませんので、他の転職サイト等を利用する場合であっても、ハローワークを使うようになるでしょう。失業保険が必要ないという人はめったにいないので、まずはハローワークに行って手続きを行い、それから介護関連の求人を探すようになります。
ハローワークでも求人はたくさん出ていますし、これは富山県であっても変わりありません。昔は各ハローワークで管轄地域が決まっていたのですが、現在では1ヵ所で日本全国全ての求人を検索できるようになっています。よって近隣のハローワークに行くだけで、富山県内全ての求人を見られるというわけです。
これもハローワークのメリットなのですが、最近はインターネットで検索することも可能になっています。登録を済ませておけば自宅でパソコンを使った検索もできますし、スマートフォンを利用して検索することもできるのです。そのため、直接ハローワークに行かなくても好きな時間に検索をして仕事を探し、気に入った求人があったら出向いて紹介状をもらうという方法が取れます。ただし、他の方の採用が決まり次第、募集は締め切られてしまうので、良い求人が見つかったらできるだけ早くハローワーク出向き、紹介状をもらうことをおすすめします。

求人サイトを使って介護士の仕事を探す


先ほどはハローワークでの求人探しを紹介しましたが、富山県内で介護士の求人を探すのに最も有利な方法は、インターネット上にある求人サイトを使うことです。求人サイトを使うことで、やはり日本全国の求人を探せるのですが、介護士に限定して探すことも可能になるため効率的な転職活動ができるでしょう。それだけではなく、登録も非常に簡単で一切料金がかかることはありません。しかも、ハローワークには掲載されていない求人も掲載しており、気に入れば紹介してもらえる可能性もあります。
また、多数の介護士の求人を扱っているサイトでは、転職をお考えの方に対し募集条件のみならず職場の雰囲気までも教えてくれるところもあります。応募する前に職場の雰囲気が把握できるということは、あとで自分が悔やまないためにも大いに役立ちます。また、さまざまな転職や就職に関する悩みを聞いてくれ、無料で就職までサポートしてくれるのはとても安心できます。これらはかなりのメリットだと言えるでしょう。ただ先述したとおり、この場合でも失業保険をもらう手続きはできないので、これだけはハローワークへ行くしかありません。
失業保険をもらう場合には、求職活動が必ず必要になります。この求職活動というのは、ハローワーク限定ではありません。求人サイトを使って行ったとしても、1回に数えることができるのです。よって求人サイトの方が不利になってしまうことはありません。介護施設の求人というのは、求人サイトでのみ公開されていることも多くなっています。そのため、求人サイトでなければ発見できない求人も多いと言えるでしょう。
応募する上で気にすることは、やはり福利厚生や休日、給料などの待遇面でしょうが、求人サイトに出ている場合には比較的高待遇になっていることも多いのです。ただし、高待遇になっている場合には応募者の数も多い傾向にあるので、転職する際には資格を取得しておくなどの対策をしておくとより良いでしょう。そうすれば転職でかなり有利になります。

転職先を雑誌や広告で探す方法


ハローワークや求人サイトで介護士の求人を探す方法は、多くの人が行っています。その他にも、新聞の折り込みチラシで求人募集を呼びかけていることもありますし、求人専門のフリーペーパーもあります。よって、求人雑誌や広告を見て応募する人もいるのですが、富山県内ではあまり有効的な方法とは言えません。東京都内や神奈川県など、人口が多くて会社の数も多い地域であれば、このような方法でもある程度求人を探すことができるでしょう。
しかし、富山県内は他の都道府県と比べると、それほど人口が多い地域ではありません。その分介護士として働ける施設の求人数も少なくなっているので、できる限り多くの介護士の求人を取り扱っている求人サイトの方が、圧倒的に有利だと言えるでしょう。もちろん転職が不可能というわけではないですし、実際に活用して転職に成功したという人もいます。よって求人雑誌や新聞の折り込みチラシを用いて転職をする場合には、サブ的な感じで活用するとよいでしょう。
1ヵ所応募したからと言って、結果が出るまで他の求人に応募してはいけないという決まりはありません。多くの人は複数の求人に応募しているので、結果が出る前に複数の企業に応募するのが当然だと言えるでしょう。いくらたくさん募集をしているからと言って、全て自分の希望通りの条件というわけではありません。そのため、よい条件の求人が出ていれば、すぐ応募するのが転職の基本だと言えるでしょう。

次の記事へ