メディケアキャリア > コラム > 家族と当事者に寄り添う介護の仕事とはどのような仕事か

家族と当事者に寄り添う介護の仕事とはどのような仕事か

家族と当事者に寄り添う介護職


ここ数年注目を集めるようになった介護職は、在宅療養をしている患者様の身の回りのお世話をする業務の他に、何らかの理由で障害者になってしまった人や日常生活もままならなくなってしまった高齢者のために、生活上の手助けと相談を主とする職業です。すぐに手が届くサポートを目指して、専門の訓練を受けたヘルパーやケアマネージャーおよび、生活相談員と医療関係者らが一丸となって利用者様の日常生活の手助けや相談、およびリハビリ訓練などを請け負います。
時には、同居する親族の悩みにも寄り添いながら一緒に問題解決のために動く事もあります。デイケアセンターなどの施設に常備している人もいますが、訪問ケアをしている人もいます。ケアを受けられるのは心身に障害を持ってしまった人と難病を抱えて日常生活が通常通り行えなくなった人、および何らかの疾患を抱えた人たちになりますから、かなり業務範囲に幅がありますが、共通しているのは生活介助という点です。特に高齢者が急増し、近未来的には3人に1人は高齢者になると言われているだけに、専門の訓練を受けたケアスタッフの存在意義は大きいものがあります。
業種は先述したようにヘルパー2級の資格を有する専門ケアスタッフとケアマネージャー、およびソーシャルワーカーあるいは福祉士そしてリハビリ専門職員などになりますが、状況に応じて看護師やドクターがチームに加わる事もあります。ケアマネージャーとソーシャルワーカーの大きな違いは、ケアマネージャーとはケアプランの作成やフォロー、ケア認定などを行うスペシャリストですから、障害者や寝たきりになってしまったら最初に必ずお世話になる業種の人たちです。ソーシャルワーカーは社会福祉士の国家資格が必要で、デイサービスなどでは当人と周囲の人たちの悩み相談や、介助および各機関との間で仲介役も担っています。

家族の相談にも応じる介護福祉士


ケアマネージャーとして利用者様の支援プログラムを立てて、支援が円滑に進むようにサポート・管理をする業務の他に、社会福祉士と一緒に利用者様の生活相談や悩み相談にあたる仕事もあります。自宅療養を余儀なくされる状況に陥ると最初に出会う支援員の1人です。ケアの必要状況を家庭訪問から判断して、支援レベルの認定をするという重要な役目をも負っています。
親族からの報告と本人の実態をしっかり観察して総合的な判断をしていくのですが、中には支援員が来訪した時だけ元気な様子を見せる利用者様もいるため、本人を含めて親族の話をきちんと聞き分ける傾聴力も要求されますし、信頼関係を基本におかなければできない仕事でもあります。主に地域包括センターで出会えますが、デイケアセンターや高齢者施設での働きもあり、そこではリハビリがスムーズに進むようなサポート活動や心の相談にあたる事もあります。ケアスタッフの対応に関しては何度か法改正が行われる間に、少しずつ責任の範囲が明確になっていきました。
ケアサポートはまだまだ課題が多い状態ですから、さらに問題がクリアになっていく可能性はありますが、今の時点で明確にされているのは職員初任者研修・実務研修・認定福祉士と段階を踏んでキャリアアップしていく事です。高齢者が急増していながら、限られた予算で精一杯のケアをしていかなければならない厳しい状況ではありますが、最も人材が窮乏されている職業でもあります。特に直接介助をするスタッフの人材不足は深刻で、1人1人にかかってくる負担の大きさが社会問題にもなっている現実は無視できないレベルです。

家族にも寄り添える介護士になりたい人へ


介護認定を受けてケアサポートが始まれば、本人が生活しやすくなるのはもちろんですが、家族も楽になれます。ここ数年、現場での厳しさや現実と向き合わなければならない親族の大きな負担が、様々なシーンでクローズアップされているだけに、いざとなると躊躇してしまうかもしれません。いずれは自分にも降りかかってくる老後の生活に対応できるように、今から準備しておくことは重要です。そうした意味で、ケアスタッフに応募してくる人も増えています。
様々な情報から、厳しさだけが印象づけられている施設などの職場ですが、「リハビリを通して今までできなかった事ができるようになった」とうれしそうに語る利用者様の笑顔を見るのが楽しいと語る職員もいるように、人に仕えていく醍醐味や充実感を味わえる事もこの業界の魅力の1つです。確かに、精神的負担の大きさや仕事内容に対して給与が安いと言われている面は否定できませんが、お金以上の学びや人としての成長もできるのも事実です。介護職には多種多様な業種がありますし、意欲があればキャリアアップして実際の介助の仕事以外にもできる業務は豊富にありますから、自分自身の特性や適正および状況も熟考しながら求人に応募してみるのも良いのではないでしょうか。
資格をとっていきなり就労というのではなく、最初に職場見学をする事もできますし、保護施設やグループホームあるいは訪問介助など様々な業務がありますから、視野を広げて考えてみましょう。回り道に見えても他の分野から関わる事もできますし、高齢者だけではなく心身障害者や難病患者さんのケアも大切な仕事です。

次の記事へ