メディケアキャリア > コラム > 介護職の業界の現状は?転職は有利な時代?

介護職の業界の現状は?転職は有利な時代?

介護職は引く手あまた?


現代の少子高齢化社会において、介護職は現在、安定した職業、安定した業界の一つとして知られています。まさに引く手あまたと言っても過言では無く、業界全体が人手不足の傾向にあると言われているでしょう。その原因は、誰でもなれると言うわけでは無く、あくまで専門的技術と知識を持っている人のみが働くことが出来る点が挙げられます。現状、高齢者はどんどんと増え続けており、増加した結果、デイケアセンターや老人ホームなどを利用するのに待機しないといけないほどと言われているのです。このような現状があるため、次々に高齢者向け施設が開発され、そこの従業員が募集される事態となっています。
介護職を志している人にとってはありがたい現状ですが、実際の所、業界に入っても、仕事が辛くて止めてしまうと言う方がいることも一つの現状です。職場や仕事の内容が自分に合っているかどうかは実際に働いてみないと分からないものです。離職率が高いという現状はマイナスなイメージもありますが、たくさんの就職先から自分に合った求人を探すことが出来るというメリットともいえます。
もちろん、介護職は長く施設に定着してくれる人材を求めているでしょう。介護職によっても、自分らしい働き方をする事ができる施設、企業なども多くあります。そうした自分に合っている企業を選ぶことが出来るかどうかが、介護の仕事に就くためには重要な部分になってくると言えるでしょう。どこで働けば正解という事はありません。自分に合っているかどうかが、判断基準であるといえます。

条件が良い介護職はどんどん埋まる


労働時間が決められており、残業が無い職場や、給与面や休日面もきちんとしている、いわゆる、条件が良い介護職というのは、やはり求職者からも人気があります。そうした企業が全てというのが当然なのですが、現実はそうもいかず、自分の理想通りの職場を見つけることが出来ずに、四苦八苦している方も少なくないでしょう。就職・転職活動をしている場合はすぐに実感できるかもしれませんが、条件が良い職場は、当然ながら応募が殺到し、すぐに募集を打ち切ってしまうことが少なくありません。せっかく良い巡り合わせがあっても、それでは元も子もありませんので、就職・転職の際には、とにかく積極的に応募をすることが重要になります。
自分の条件にぴったりと合う企業を見つけたら、迷うことはありません。一刻も早く応募をしましょう。応募のタイミングが少しずれるだけで、すぐに定員オーバーになってしまうような企業もありますので、十分注意をしてください。何事もご縁ですので、条件が良いような企業は見つけ次第、出来るだけ早めに電話などで応募をするようにしましょう。メール応募のみ可能と断定されている場合を除き、電話応募の方が、タイムラグが無く即座に対応して貰える事が多いでしょう。魅力的な企業ほど、そうした積極性を見せることが重要です。
もちろん、少しでも悩むようなポイントがあったら、必ず比較をするようにしましょう。勢いだけで応募をしてしまい、受かってしまったら、後悔するようなことに繋がり兼ねません。せっかく応募をしたことを無駄にしないためにも、ある程度は情報比較を行いましょう。

介護職選びは情報媒体を幅広く活用


介護職選びをする際には、情報媒体を広く活用し、様々な分野から情報収集をすることが重要です。具体的には、このような情報媒体から情報収集をするように心がけましょう。
まずは、情報雑誌を利用した求人情報探しです。アルバイト情報誌をはじめ、正社員情報誌など様々な雑誌がありますが、介護職特集ページなど、介護の仕事を専門的に紹介している事は少なくありません。専門の特集が組まれた特集号などが用意されている事もあり、雑誌によっては無料で手に入れる事が出来る場合もありますので、そうした媒体を利用する事で、スムーズに利用できるでしょう。
次に、ネット情報を利用する方法です。こちらの場合は、介護の仕事の求人情報を専門で取り扱っている企業も多く、介護の仕事を探す際には、非常にスムーズに対応することが可能です。企業のある住所での検索、企業の特徴などを検索することで、自分の働きたい理想の職場で働くことが出来るようになるでしょう。ネット媒体であれば、金銭面や労働時間などの条件を簡単に比較することができるサイトもありますので、効率良く企業比較をすることも可能です。
他にも、直接コネクションを利用して、ツテを使って求人情報を収集するという方法もあります。こちらの場合は、専門学校などに通われていたという方の場合、非常に有効な方法として知られていますが、自分に合っている職場かどうかは運が左右する場合が少なくないので、あまりおすすめできません。ネット情報や情報雑誌などであれば、何かと便利に利用しやすいため、これらの方法で求人情報を探すとスムーズにいくでしょう。

次の記事へ