メディケアキャリア > コラム > 介護士の仕事内容と、介護士として働ける場所の特徴は?

介護士の仕事内容と、介護士として働ける場所の特徴は?

介護士はどんな仕事をする?


介護士は高齢者を中心に、体が不自由な方、自分一人では生活を送ることが困難な方の生活のサポートをする事が仕事になります。現在では資格を取って介護福祉士と呼ばれる方も多く、専門的知識、専門的技術が必要な介護のエキスパートと言えるでしょう。具体的には、次のような仕事内容が挙げられます。
まず、高齢者の食事補助、歩行補助、入浴やトイレ介助、その他買い物など、生活に関してのサポートです。一人で生活を送ることが困難な方を対象に、その人に合わせたサポートを行い、生活に支障が表れないように補助をしていくのです。
次に、介助対象者のリハビリのサポート、ストレッチなど、身体的な部分を向上、維持させるためのサポートを行います。何もケアをしないと身体能力はどんどんと衰えてしまい、自力での生活が完全に不可能となりますので、対象者によっては、こうしたサポートを行うケースもあるでしょう。あくまで本格的な仕事内容ではありませんが、こうした仕事をする事も少なくありませんので、技術として学んでおく必要があるでしょう。
そして、介助対象者とのお話や、趣味の時間に付き添うなど、メンタル面でもケアし、サポートしていきます。人間らしい楽しい暮らしをしてもらえるように、介助対象者に沿ったケアを行い、その都度、手助けをしていくのです。ただ、話をする時間を設けるだけで満たされるという介助対象者も多いため、そうしたメンタル面でのケアも、介護士には必要な部分であるといえるでしょう。
このように、体の面はもちろんですが、心の面でも広く、暖かくサポートし、介助対象者にとって安心出来る暮らし作りをお手伝いしていくことが、仕事内容となります。

介護士として働くことが出来る場所は?


介護士として働くことが出来る場所は色々とありますが、例えば、次のような場所で働くことが可能です。まずは、老人ホームなどをはじめとした福祉士が必要な施設です。こちらは介護福祉士が最も多く働く場所として知られており、施設に就職をする形で働きます。施設に入っている介護対象者を対象として介護をしていくことがほとんどで、同じ方と毎日のようにふれあうことが出来る分、仲良くなりやすく、その人に合わせてきめ細かい介護をすることが出来る点が特徴でしょう。デイケアセンターなど、日帰りの利用者を対象とした施設もありますので、自分が働きたい施設を選ぶことをおすすめします。
次に、訪問介護などを行う企業に就職をし、その都度ご家庭を訪れてケアを行っていくというものです。特定の施設に向かうのでは無く、その都度向かう先が異なる事もありますので、方向感覚や、コミュニケーション能力も重要となるでしょう。ただ淡々と仕事をこなすだけでは十分ではありませんので、こちらの企業で働きたい場合は、ある程度専門的な技術と知識を身につけてから就職すると良いでしょう。
そして、派遣社員として登録制の企業に登録して、自由に働くという方法もあります。こちらは非常にレアなケースではありますが、自由度が高い分、自分の都合を優先して仕事をすることが出来ますので、空いているスケジュールに合わせて仕事をしたいという方に向いているでしょう。

介護士の資格は転職にも有利


介護士として働く事ができる場所は数多くありますので、転職活動をする際にも非常に有利となるでしょう。福祉に関する仕事は近年どこも人手不足の傾向がありますので、転職もしやすくなっています。特に介護士としての労働経験が有る場合は、仕事内容もしっかりと把握できているため、どの職場においても重宝されることがほとんどです。転職をする際には、主にこのような流れと方法で行われます。
まず、転職情報サイトや情報誌をチェックして、求人情報を比較します。情報媒体によっても異なりますが、ほとんどの場合、多くの求人情報が上がっていますので、しっかりと比較をしましょう。自分の条件に合っている企業や、他と比べて条件が良い企業を探して、積極的に転職活動をしていくことが重要です。また、情報の比較をする際には、募集要項もよく見比べましょう。募集要項に自分が当てはまっていない場合は、時間の無駄になってしまいますので、潔く別の企業を探すことが大切です。
次に、めぼしい求人情報を見つけたら、早速応募をします。のんびりしていると、条件の良い企業からどんどん募集は締め切られてしまいますので、積極的に応募をしていくことが大切です。応募をする方法は、メールや電話など、企業によって決められていますので、事前に募集要項を確認するようにします。特に記載をされていない場合は、電話での応募をおすすめします。人とふれ合う職業ですので、メールよりも、電話の方が熱意が伝わる場合もあるでしょう。このように、転職をする際には、あらかじめ得た情報を比較して、積極的に応募することが大切です。

次の記事へ