メディケアキャリア > コラム > 介護の魅力やキャリアパスについて

介護の魅力やキャリアパスについて

介護という職業について知ろう


日本は少子高齢化社会であり、さまざまなニュースでも取り上げられることが多くなっています。実際にこの問題を解決するために、日本では出産ができる環境を整えるための支援や、高齢者が自立して生活できるサポートを行っています。子どもを出産することができる産婦人科は日本にはたくさんありますが、それと比較して高齢者を介護する施設は昔に比べて増えています。
介護は高齢者が自立した生活ができるように支援をすることが理想的です。身体の一部が不自由な方には、食事介助や入浴介助を行います。高齢になればなるほど指などが思い通りに動かすことができない方もいるので、食事をすることが難しい人のためにできる限りサポートをします。入浴介助も同様です。入浴ができない状態にあると、身体をきれいに保つことができないため衛生面でも良くありません。実際に入浴を自分でできない人もいますので、お風呂に入ることをサポートします。
また、食事介助や入浴介助の他にも施設ではお年寄りの食べるご飯を作ったり、施設のトイレや廊下などを掃除したりするお仕事も含まれます。
また、施設で働くためにはヘルパー2級等の免許を取得していると役に立ちます。その理由は資格を取得していることでサポートできることが増えるからです。しかし、現在では需要の高まりからヘルパー2級の免許などを持っていない人でも雇用してくれる施設があります。確かに資格取得をしていない人は施設内でできることは限られますが、人手不足の施設の中には雇用をして雑事などを手伝ってくれているところもあります。雇用をする施設の中には資格取得をサポートしてくれるところもあります。基本的に資格サポートをしている施設で働けば未経験から資格を徐々に取得することができるので、キャリアパスの見通しが明確になるので未経験の人でもまずは施設で働き、働きながらヘルパー2級などの資格を取得する人もいます。未経験で雇用してくれるところは限られるのではないかと思われる人もいますが、実際に求人サイトなどでは数多くの未経験から始められる求人が存在します。そのため、これから介護としてキャリアアップをするためにキャリアパスを取っていきたいと思われる人は求人に応募してみてはいかがでしょうか。

介護のキャリアパスについて


先程からキャリアパスという言葉を使用していますが、キャリアパスとは一体どのような意味になるのでしょうか。簡単に説明をすればキャリアアップするための道筋になります。介護に関する資格が数多く存在することに関して知っているという方も少なくないでしょう。例えばヘルパー2級や、介護福祉士、ケアマネジャーなどたくさん存在しています。実際にヘルパー2級の人の中には介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得するためのキャリアパスをしっかりと把握して施設に勤めたり資格取得のための勉強をしたりしている人も多いです。
もしキャリアパスを歩むために計画を立ててキャリアアップすることによって、資格取得者はたくさんの魅力を得られることは知っている人も多いのではないでしょうか。例えば資格取得をすることで求められる施設の数が増えます。施設によってはヘルパー2級を採用したいところもありますが、介護福祉士を雇用したいと考えているところもあります。働ける施設の幅が広がりますが、業務の内容も介護福祉士であればヘルパー2級ができない業務をこなすことができるので、業務の幅が広がるという魅力もあります。さらに資格手当てを支給してもらうことができる施設が多いです。資格手当てを支給してくれるところを選択して働けばお給料を上げることができるので、今までの暮らしよりも豊かにすることができます。
このようにキャリアアップには魅力があるので、未経験で働いている方やヘルパー2級の資格を持っており、今度介護福祉士の免許を取得したいと考えている人はキャリアアップをするためにキャリアパスを見直して効率的に資格取得ができるようにしましょう。

まだ就業をしない人へ


これから資格を徐々に取得して、最終的には介護福祉士の免許を取得したいというキャリアパスを検討している人の中には、まだ施設に就業していない人もいるでしょう。資格の中には就業していなくても受験できるものもありますが、介護福祉士などにおいては就業時間なども受験資格に含まれる可能性があります。そのため、まずは就業しなければキャリアパスを歩むことは難しいケースもあります。
もし就業をしていない方は求人サイトから応募をして就業先を見つけてみてはいかがでしょうか。基本的に求人サイトにおいては数多くの求人を扱うところが多く、自分が希望する条件を提供してくれるところも少なくありません。また、求人サイトの中には介護に関する求人を中心に扱っているところがありますから、そのようなところを選択すれば効率的に応募することができる可能性があります。

次の記事へ