メディケアキャリア > コラム > 介護の転職は引く手あまた

介護の転職は引く手あまた

介護士の仕事とは


介護士という仕事は、現在人材不足で猫の手も借りたい状況となっています。いろいろな職業がありますが、その中でも介護職はいろいろと選択肢があり、転職をするには最適な職業ではないでしょうか。できるだけ自分に合った転職をしたいのであれば、介護士専門の転職を斡旋してくれるサイトを探してみると良いです。条件のいい転職先を探したいのであれば、こうしたサイトに登録をして好条件の転職先を見つけるという方法がスムーズでしょう。
資格を持っていれば、より好条件の職場を探すことができます。仕事はたくさんあって人手不足のため、売り手の条件が採用されやすくなってきています。サラリーマンを辞めて、介護士の資格試験に合格して、地元で働きたいと思っている人は、いくらでも仕事はあるようです。
地方は特に、こういった仕事がたくさんあり、どのような介護施設で働きたいのかなどを考慮してくれて、働く場所を限定して求職を行うこともできます。
職場を見つける方法の中には、自分で探して見つけるといった選択肢もありますが、職場を斡旋してくれるサイトなども多くあります。サイトを利用して転職を考えても問題ありません。介護師の仕事は力仕事などもありますが、就職先としては今まさに一番多い求人が出ているのではないでしょうか。これだけ多くの介護師の求人があるのですから、自分だけで考え込まないで、もっとオープンに様々な手段で職場を探す方がスムーズに見つかるでしょう。

介護師は売り手市場


これだけ多くの求人があるため、今から介護士になりたいと思っている人には、好条件で転職や就職ができる可能性が高いのではないでしょうか。
売り手市場であるために、自分で探すのではなく、Uターン就職を考えて、地元の職場で働きたいと考えている場合は、より好条件の就職先を見つけることができます。
ただし、会社員時代のような昼間勤務だけではない場合があります。夜勤があるケースが多いです。しかし、仕事内容などを考えると、これ以上仕事内容がはっきりしている職種はあまりないでしょう。今後の高齢化を考えると、介護職は最も求められている仕事の一つでしょう。
売り手市場といわれる所以としては、75歳以上の高齢者の数が増えてきていて、今が一番のピークなのかも知れません、そう考えると仕事がある業界で働いたほうがやりがいもあります。

転職までの流れ


介護職で転職を考えている人は、介護士として十分な働きをしてもらっていて、これ以上のサポートは他には無いのではないでしょうか。仕事も大事ですが、長い期間働くことになるので適度な休養をとらなければなりません。その点を考慮して転職サイトは交渉してくれるので、たくさんの介護職の転職交渉に利用する人も多く、介護士の資格を持っていなくても転職をしてから介護士を目指すこともできます。専門の転職サイトを登録しないで自分で探すとなると、思ってもいないような辺ぴな場所へ活動先を変えざるを得なくなってきます。まずは転職サイトに登録するのが希望する条件にあった転職先を見つける最善の策ではないでしょうか。最初に相談をして、その後の転職先や他のサポート情報に関しても相談に応じてもらえます。
相談を受けた時に自分にマッチした求人情報があればその場で紹介してもらえますし、後で希望の条件に合った転職先が見つかれば、連絡をもらうこともできます。まずは登録をしてから、電話か直接の面談を終えてからスタートとなります。スタートすると紹介後にすぐ職場の担当者との面接ではなく、まずは職場見学をしてから、採用面接を受けるかどうかを決めることができます。そのため、しっかりと自分の目で職場環境を見てからの面接となるので、自分でしっかりと検討してから受けることができます。面接の練習などもサポートしてくれて、その後の条件面での交渉もアドバイザーのほうでしてくれます。
言いにくいことでもアドバイザーが聞いてくれるので、条件面でもしっかりと交渉してもらってから、最終的に納得してから行くかどうかを決めることができます。今すぐに転職をしない場合でも、とりあえず登録をしておいて、転職をしたい時期になれば、アドバイザーのほうから連絡があり、条件にあった転職先を紹介してくれます。そのときの条件で夜勤などのきつい勤務体系などの調整まで行ってくれます。夜勤がないような職場もありますので、そこは相談をすることで、折り合いをつけることができます。
ただ、転職後に夜勤を希望していなくても、職場の人材確保などの関係で夜勤の可能性がある場合は、しっかりと面接のときや、アドバイザーの方で事前に確認をしてもらっておくとトラブルにならずに済みます。きちんとした条件交渉を行っておかないと、せっかく転職をしても、こんなはずではなかったということになってしまう危険があります。そうならないようにするには、事前に疑問点はクリアにしておかないといけません。

次の記事へ