メディケアキャリア > コラム > 介護の仕事の内容で見る休日の取り方

介護の仕事の内容で見る休日の取り方

ホームヘルパーの視点で休日を見る


介護と一口に言っても、さまざまな仕事があります。土日でも仕事の場合もありますし、逆に休めるようなところも出てくるのは、勤務体系の違いによるところが大きいでしょう。どんなところで働くのか、それによって大きく変わってきます。
ホームヘルパーの仕事として考えると、非常勤の場合には直行直帰が多くなるのが特徴といえるでしょう。サービス提供責任者の計画次第ですが、基本的に年中無休で対応しているところが多くなります。24時間訪問介護サービスということもあるでしょう。あまり自由に休みをとることができないこともありますが、その反面で休日をしっかりと指定しておけば休みやすいという性格も持っています。非常勤の特色ではありますが、週末だけ働くといったスタイルも取れますし、週何日か働くというスタイルもあるでしょう。ただし、どこまで自由が利くのかは、その事業所の規模によって違いがあります。人数が少ない場合には、非常勤といっても、そこまでの自由に休みが取れないこともあるからです。
ホームヘルパーの中でも、サービス提供責任者である主任ともなるとまた違いが出てきます。常勤勤務している人がつくことになりますが、全体の調整や管理を行うことになるため、事務的な仕事が大半となってきます。規模が小さい場合には、現場も兼務することが多くはなりますが、基本的に営業時間内の対応をしなければいけません。そのため、土日などは休みとすることがありますが、休日に出勤しなければならないこともあります。緊急対応といったケースもありますし、ご家族との連絡や協議のため、相手の休みに合わせることも必要になってくるからです。
他の人の都合がつかなくなったりしたときには、代行者を見つけることになりますが、そう簡単にいかないことも出てきます。職場によっては、24時間電話対応ができることを条件とする場合もありますので、休日の自由は少なくなることも珍しいことではありません。

介護福祉士で見る休日の取り方


福祉施設で働くことが多い介護福祉士の場合、24時間要介護といったことも出てきます。基本的に24時間勤務がベースとなってくることから、対応できるようにシフト制がとられることが多くあります。そうなると、日勤と夜勤、半夜勤といったシフトになってくるため、人数が足りていない場合には、かなりハードになることも考えられます。そのため、休日といっても土日に取れるとは限りません。シフトによって休日が変動していくため、希望日として出したとしても、すべて受け入れられることはないと考えたほうがいいでしょう。
勤務先によって、休みの曜日を固定にして、希望日を提出するといったスタイルをとっているところもあります。できるだけ希望通り対応するようにしているところがほとんどではありますが、調整次第になりますので、長期の休みは取りにくいと考えた方が良いでしょう。
介護福祉士として考えた時に、訪問介護やディサービスも出てきます。施設とは違い、日勤業務だけで稼働させるスタイルのため、通常シフト制を敷くことはありません。そのため、土日休みといったところもあることから、ある程度固定した休日をとることができるといえます。ただし、24時間サービスといったところもありますので、こうした事業所はシフト制が敷かれるため、施設とあまり変わりません。緊急時対応もすることになるでしょう。

休日の上手な過ごし方も考える


介護の仕事をしていると、休日はとても大事な日になってくるでしょう。ストレスも多くかかることから、うまく休日を活用していくことが求められます。日頃のストレスや疲れを発散させて精神的にも休めるように上手に過ごします。
ストレス解消ということでは、スポーツをするのもおすすめです。介護職は体力勝負の面もあることから、うまく体力を維持していくことは大切です。激しい運動をするということではなく、軽い運動でも20分程度以上続けていくと効果が出てきますので、程よく取り入れていくといいでしょう。
睡眠をしっかり取るのも、シフトによってうまく休めていない人には向いている方法です。ウォーキングやサイクリングであれば、自分でやろうと思ったときにできるため、負担も少なく取り入れていくことができます。気持ちに余裕を持たすというところでは、掃除をしたり旅行をしたりするのも一つの方法です。精神的にリフレッシュさせるということは、環境を変えるということが重要になるでしょう。
掃除するとすっきりした気分になりますし、目線も少し変わったりします。旅行にいってみると、雰囲気が変わりますので、それだけでリフレッシュもできるはずです。ただし、疲れがたまりすぎると意味がありませんので、うまくコントロールすることが求められます。
介護は社会的にも意味のある仕事であることは間違いありません。それだけに、休日などは心身のバランスをうまくコントロールして、仕事を続けていけるようにするということも大切です。

次の記事へ