ブランクがあっても看護師に再就職することはできる

ブランクがあっても看護師に再就職することはできる

ブランクのある看護師でも


看護師を取り巻く職場環境というのは、昨今非常に人手不足になっていると言われる事が多くあります。これには様々な理由が考えられますが、中でも大きな問題の一つとなっているのが、やはり少子高齢化によって看護を必要としている人口が増加していることにあるでしょう。これに対して看護師の人数も多少増加しているものの、もう1つ大きな問題が存在していることによって完全に対処することができていないという状況にあります。その大きな理由となっているのが、看護師が現在でも女性を中心としている職場であり、寿退社を含むような様々な理由によって退職してしまうケースが多いためです。これは勿論看護師側に問題があるわけではありません。社会体制からしてまだ対応できていない部分があるためにこのような問題が発生してしまっていることもあります。
ただ、昨今では業界側としてもこういった問題に対処していかなければ、ジリ貧になってしまうということが共通の認識になりつつあるのも事実です。そのため、対応することができるようにするために、多くの施策が行われるようになってきました。中でも大きな転換として見られるのが、一度様々な理由によって退職し、現在ではブランクがある人を採用するという流れの増加です。このような形が取られることによって現場に於ける人口の増加が見られるようになり、業務の過密性が下がることによってハードワーク状態から脱することを目的としている、というのも大きなポイントの一つとなっています。それでは、ブランクがあるような人が採用を目指したいという場合、どのようなことがポイントとなってくるのでしょうか。

ブランク看護師が考えておきたいこと


ブランクのある者が看護師としての採用を目指す場合、やはり大きなポイントとなるのは経験を持っているという点です。未経験の人に比べて現場についての知識があり、新しい採用であったとしてもスピーディに現場に対応できるようになるということが、大きな評価ポイントとなることは間違いありません。しかし、医療業界というのはスピーディに変化がある現場であることもまた事実であるため、ブランクがある方がその間全く業界について触れていないと、当時の知識などがそのまま使用できなくなってしまっている可能性がある点には注意しなければなりません。この点を除いたとしてもやはり新規の者に比べると現場に馴染みやすい部分が大きいのは事実ではありますが、過去の経験が逆に邪魔になって新しい知識や技術の習得を妨げてしまう可能性があります。こういった部分については、ブランクがある期間中についてもある程度の情報収集を行うことによって、情報に関してはそれほど大きな問題がないような状態にしておくことが望ましいと言えるでしょう。
ただ、これについても現場によって大きな違いがある部分でもあります。ともかく人員不足になってしまっているため、その点を含めたとしても多くの人員を必要としている、というような現場も多くあるため、こういった場所であればそれほど問題になることではありません。現在日本は、全国的に多くの場所に於いて医療現場の人員不足が問題になっているということもあり、この部分はある意味で転職者や就職希望者にとって強みとなる部分でもあります。

ブランク看護師が確認したいこと


それでは、看護師にブランクが発生してしまうことが多い理由としてはどのようなものを考えることができるのでしょうか。その大きな理由となっているのは、ハードワークな仕事であることが理由となって、家事や子育てなどと両立することが難しい傾向があることが大きなポイントとして挙げられるでしょう。そしてもう1つ、年齢による体力の低下などによってハードワークについていくことができなくなってしまった、というような理由から退職をする人も少なくありません。こうして人員が不足することによってさらに現場はハードワークになってしまうというような悪循環を辿っていることもあるため、この点については十分注意しつつ、どのような現場を選択するのかを考える必要があるでしょう。
このときやはり重要であるのは、どのようにして現場についての情報を収集するのかということです。この情報収集がうまくできているかどうかによって、実際の現場においてどのような業務を担当することになるのか、どの程度のシフトで働くことになるのかなどの把握が変わってくることになり、生活のスケジュールの立て方にも影響がでることになります。また、子供がいる場合などについては、そういった問題に対応することができるような福利厚生がしっかりと整っている現場であるかどうかも重要なポイントの一つです。このような部分がしっかりとしている場所であれば、ブランクがあったとしてもその後の仕事を続けていきやすくなるでしょう。給与だけではなく、こういったその他の部分についても確認が必要となります。

次の記事へ