メディケアキャリア > コラム > バイトで介護の仕事をするメリットは

バイトで介護の仕事をするメリットは

介護の世界でのバイト


働き方というのは、いろいろなものがあり、自分に合ったかたちを選択したいものです。介護の世界などでは、慢性的な人材不足が続いていることもあり、空いている時間だけでも働いてくれる人はありがたい存在です。空いている時間を有効に使うということは、自分の生活を生かしながら働くこともできるということになるでしょう。
介護の現場で活躍する人の多くが正社員というわけではありません。特にヘルパーとして働くことを考えると、ほとんどがアルバイトになります。正社員の募集はかなり少ないこともあって、見つけるのはかなり稀です。バイトという働き方にもメリットはたくさん存在します。特に介護という仕事を考えるうえでは、正社員というかたちにこだわらないという人もたくさんいるということです。ここからステップアップを考えていくというのもひとつの方法でしょう。まだよく知らない業界のことを知るという意味でも、活用することができる方法です。うまく時間も使うことができるため、資格を目指す人にとっては有効な働き方でしょう。
介護職で正社員になるということは、精神的にも肉体的にも負担は大きくなります。日中以外のシフトも多くなることから、時間が不定期になりやすい職場といえるでしょう。これが普段の生活を圧迫するということもあるため、バイトにして日中だけにしたり、夜間だけにすることもできます。ライフスタイルに合わせた働き方を選択できるようになるのは、大きな魅力です。時間を固定することによって、子供たちとの時間を大切にしたり、自分のペースを守ったりすることもできます。ストレスということを考えても、大きな意味を持ってくることは間違いありません。

時給制であることのメリット


介護のバイトは、基本的に時給制です。これも正社員と違う部分ですが、時給制なので働けば働くほど稼ぐことができます。実際に給料の問題がクローズアップされやすいのが介護の仕事といえますが、その点でバイトは強みを発揮することができる働き方です。
時給制ですので、一見すると高くはならないように見えます。ですが、資格や経験があると、時給に上乗せされる可能性があります。特に介護福祉士といった資格は、事業所として一定数を置くことで行政から支援を受けることができるようになります。こうした待遇は大きな差が出てくることになるため、正社員よりも収入が高くなることもありえます。夜勤ということで考えても、1回で高額収入につながることも出てきます。労働と収入のバランスといったことを考えると、あえてバイトを選ぶという人も多くいます。
バイトは短時間勤務になることも多いため、責任者になるということが難しい立場といえるでしょう。責任を取ったりすることもできない仕事が増えるため、正社員のスタッフが上司につくことになります。こうした点は、デメリットに感じる人も中にはいますが、逆にとらえれば精神的な負担が軽くなると言えます。もちろん、現場に携わる1人として、責任を持って仕事に取り組むことは当然のことですが、あまり精神的な負担を負いたくはないという人にも向いている働き方にはなるでしょう。

メリットばかりではない


バイトであることは、働きやすい反面でデメリットも出てきます。メリットばかりではないということも理解したうえで選択することができれば、上手に働いていくこともできるでしょう。デメリットとして大きなポイントになってくるのが、賞与を含めた待遇です。一定時間以上働くことができれば、有給休暇の取得もできるようにはなります。ですが、ボーナスを含め賞与はもらえないことが多いと考えた方が良いでしょう。こうした待遇は、まず受けることができないと思って働くことが必要となります。もしも、こういった待遇を受けたいと考えるのであれば、正社員で働かなければなりません。負担を軽くすることができますが、その分待遇は劣ると考えたほうがいいでしょう。
時給換算で給料を出す代わりに、その分の成果も求められることになります。つまり、効率よく働いてくれることを期待しているということです。期待に応えることができなければ、続けてもらうわけにはいかないということも出てきます。仕事の覚えが悪かったり、何か問題がある場合には、真っ先に対象となってくるでしょう。資格や経験に対して待遇を良くしているときには、さらに可能性は高くなります。それだけの期待がかかっているということを理解しておかなければ、契約を更新してもらうことができなくなる可能性もあります。
気楽な立場ではありますが、その反面でデメリットもあるということも忘れるべきではないでしょう。正社員にもバイトにも、それぞれメリット、デメリットがあります。ライフスタイルなどを考え選ぶことも大切ですので、いったい何を重視するのか、そのポイントを抑えて選ぶことが大切です。

次の記事へ